2019年4月16日火曜日

さらざんまい 1話

局:フジテレビ
放送日:2019/04/11
制作:MAPPA / ラパントラック
評価:HV1280+/861

線が細く黒浮き気味になってるカットも多いけれど、基本適度に暗い線で高コントラストの鮮明HD。
実写加工的な作りに見えるところもあるけれど特に背景は非常に細かい緻密な描写が目立つ。

特に背景にはジャギがはっきり見えるところが多いのに、撮影までのリサイズがしっかり補間の効いたリサイズで元絵の特徴が強く残っている影響で撮影解像度の推定がかなり難しい。

それでも特に細かい背景描写が解像度限界でジャギが強く残ったところを見ると断片的に縦861辺りに見えるカットが多いので、少し誤差があるかもしれないけれどこの辺りのサイズだろう。

文豪ストレイドッグス 26話

局:TOKYO MX
放送日:2019/04/12
制作:ボンズ
評価:HV1280

アップのカットでは黒に近い太めの線のボンズらしいくっきり画質になってるところもあるけれど、細めで少し明るい線のシーンが多い。鮮明さ優先のリサイズというほど極端ではないものの、全体にジャギ感の残っていて環境によっては粗い絵に見えてしまうこともありそう。

線よりは線の輪郭に縦720の特徴がはっきり残っていて、引き続きHV1280で再開。

賢者の孫 1話

局:TOKYO MX
放送日:2019/04/11
制作:SILVER LINK.
評価:HV1280+/810

しっかり暗い線の高コントラストすっきりくっきり画質。輪郭は滑らかだけど線がそれほど細くなく、
精細感は弱め。

リサイズでの乱れは少なく、縦810の特徴がわかりやすく残っている1440x810のHV1280+。

キャロル&チューズデイ 1話

局:フジテレビ
放送日:2019/04/10
制作:ボンズ
評価:HV1280

作画時の線の太さのバラつきを残して場所によっては線の黒浮き気味のところもあるけれど、
基本適度に暗い線で輪郭強調気味び独特のくっきり感がある。ただ強い輪郭強調は線の近くが明るくなってその部分の色が消えてしまうので、どこか汚い絵に見えてしまうシーンも多い。

ジャギ感が強いけれどリサイズでの乱れは少なく、縦720の特徴がはっきり残るHV1280。

2019年4月15日月曜日

世話やきキツネの仙狐さん 1話

局:TOKYO MX
放送日:2019/04/10
制作:動画工房
評価:HV1280+/810

色味のある明るめの線が大半でくっきり画質ではないけれど、輪郭は比較的鋭利でソフトというほどのボケ感はない。

リサイズでの乱れも少なく、縦810の特徴がきれいに残っている1440x810のHV1280+。

2019年4月10日水曜日

RobiHachi 1話

局:TOKYO MX
放送日:2019/04/08
制作:studioCOMET
評価:HV1280+/871

彩度高めでしっかり暗い線の高コントラストすっきりくっきり画質。人物が小さく描かれ線が細くなっているところも黒浮きが目立つことがなく、全体にメリハリのある鮮明画質になっている。

なめらかな線に見えるけれど拡大してみるとジャギ感の強い線をぼかして整えたような特徴で、
リサイズでの乱れも少なく縦871の乱れのない特徴がわかりやすく残っている。

整数で16:9になる873に2足りない中途半端な数字だけど縦871は制作を超えて何度も出てくる謎サイズの一つ。スタジオコメットでは2016年の美男高校地球防衛部LOVE!LOVE!もこの数字だった。

南無阿弥陀仏っ!-蓮台 UTENA- 1話

局:TOKYO MX
放送日:2019/04/08
制作:ASAHI PRODUCTION
評価:HV1280+/955.5

適度に暗い黒っぽい線が基本だけど、色味のある線も多用していてくっきり感のあるカットとどこかはっきりしないカットが混ざっている。精細な描写が多く精細感は高いけれど、人物がかなり小さく描かれるカットでは極端に黒浮きした線もあり、全体で見ると統一感に欠ける印象。

大半は線の輪郭がなめらかになっていてわかりにくいけれど、たまに処理をサボったのか線が階段状になったジャギ感の強いカットも混ざっていて、その辺りを中心に調べて見ると縦955.5辺りの中途半端な数字。旧京アニ標準とほぼ同じサイズ。