2018年10月22日月曜日

ツルネ -風舞高校弓道部- 1話

局:NHK-F
放送日:2018/10/21
制作:京都アニメーション
評価:HVFULL

細くてもしっかり暗い線の映像で見ても高解像度の映像とわかるくらいの精細HD。極細線ではないので適度なくっきり感も維持している。

線の輪郭も鋭利で今回もこれなら文句ないだろうと言いたいのとかと思うくらいわかりやすい縦1080の特徴がはっきり残るフルHD制作映像。TVアニメで一貫してフルHD制作を続けるアニメーション制作は存在していなかったけれど、3作品連続なのでこのまま定着するかもしれない。
 
フルHD移行後の京アニ作品では「せっかくフルHDで作るのだから」という発想があるのか、人物が異様に小さく描かれるカットを混ぜたがる傾向が強くなった。モバイルでもフルHD視聴できる環境が珍しくなくなって久しいけれど、フルHD未満の環境や小さい画面だとよくわからなかったり迫力に欠けることもありそう。

INGRESS THE ANIMATION 1話

局:フジテレビ
放送日:2018/10/17
制作:CRAFTAR
評価:HV1280

制作の表記がロゴ付きになっているので"C CRAFTAR"なのかな?と思ったらCRAFTARだけでいいようだ。

輪郭線のある3DCG主体の映像。それなりに黒に近い線もあるものの、線の黒さのバラツキが大きくどこかはっきりしない絵に見えてしまうカットも少なくない。

ある程度太さのある線の輪郭は滑らかに見えるところが多いけれど、後掛けの線の輪郭だけ滑らかに補正するアンチエイリアス的効果でしかなく、線が細いところや線間隔の狭いところはジャギがはっきり見える映像になっている。

効果が強すぎて断定はできないけれど1280x720の絵をフルHDサイズに拡大した後、フィルタ処理で線で高解像っぽい特徴を加えた上げ底画質の一種だけど、ここまで強力な輪郭補正を使う1280x720映像は珍しい。この手法の是非はともかく、元の画像の悪さが完成映像に欠点として残ってしまい、中途半端にバランスの悪い変な映像になってしまった印象。

線の輪郭はフルHDレベルの滑らかな特徴になっているところが多いけれど、細い線や細かい描写には縦720の粗いジャギが露骨に残っているのでHV1280評価が妥当だろう。

ベルゼブブ嬢のお気に召すまま。 1話

局:TOKYO MX
放送日:2018/10/13
制作:ライデンフィルム
評価:HV1280+/871

少し色味を感じる線でくっきり画質というほどのメリハリはないけれど鮮明さは十分。若干簡素な絵で細かい描写は少ないけれど細めの線で精細感もまずまず。

適度なぼかしでとても滑らかな輪郭に見えるけれど、拡大してみると若干ジャギ感のある線でリサイズでの乱れも少なく、安定したフレームでは縦871の特徴がきれいに残っている。

中途半端な数字なのに871も複数の制作で出現する謎の数字で、これより大きな整数で16:9になるサイズはディーン旧標準の1552x873に近い。元はこのサイズで欠けたパターンの可能性が高そう。

2018年10月13日土曜日

閃乱カグラ SHINOVI MASTER -東京妖魔篇- 1話

局:TOKYO MX
放送日:2018/10/12
制作:ティー・エヌ・ケー
評価:HV1280+/810

簡素な作画に見えるカットも多いけれど、しっかり暗い線の高コントラストすっきりくっきり画質。精細感が強い絵ではないけれど、線の輪郭は滑らかでジャギ感がほとんどない。

リサイズでの乱れもなく、縦810の特徴がきれいに残っている1440x810のHV1280+。地味なサイズでも、ティー・エヌ・ケー初のHV1280+。

メルクストーリア -無気力少年と瓶の中の少女- 1話

局:TOKYO MX
放送日:2018/10/11
制作:エンカレッジフィルムズ
評価:HV1280

基本十分暗い線のくっきり画質だけど、少し強めのぼかしで細めの線が黒浮き気味になっているところも多い。演出での変化もあるけれど、特に演出上の理由がないところでも見た目の印象が大きく変わるところがあり、全体で見ると少しちぐはぐな印象。

少し癖のあるリサイズで周期的な揺らぎが出ていているけれど、細めの線には縦720の特徴が残っていて、これもHV1280。

からくりサーカス 1話

局:TOKYO MX
放送日:2018/10/11
制作:スタジオヴォルン
評価:HV1280

黒に近い線のメリハリのあるすっきりくっきり画質。線があまり細くないので気になる環境は少ないだろうけど、鮮明さ優先のリサイズで周期的な揺らぎが強く、線が粗く見えたり粒状感が出ているところが多め。

縦720の特徴ははっきりしないけれど、1.5倍に拡大した3ピクセル周期の揺らぎが強く残るタイプのHV1280。

俺が好きなのは妹だけど妹じゃない 1話

局:TOKYO MX
放送日:2018/10/10
制作:NAZ
評価:HV1280+/864

極細線ではないので精細感は強くないけれど、しっかり暗い線の高コントラストすっきりくっきり画質。

作画の微妙さも気になるけれど、一部処理が中途半端なカットも混ざっていたりして先が少し不安になる。リサイズ品質も悪くなく線の輪郭も滑らかに見える。雑な作りという感じはなく、作画から予想される厳しいスケジュール(というのは憶測だけど)の中でもしっかり仕事している印象。

若干ソフトな輪郭だけど、少しシャープフィルタで補正すると縦864の特徴がきれいに残っていて、元は1536x864のHV1280+。