2018年5月6日日曜日

カードファイト!!ヴァンガード 1話

局:TOKYO MX
放送日:2018/05/05
制作:OLM Team Go
評価:HV1280+/1019

黒く少し太めの線なので精細な印象は弱いものの、線の輪郭は非常になめらかで精細な描写でも潰れが少ない。CG的な要素も比較的上質なアンチエイリアスでジャギ感がない。グラデーション塗りでもベタ塗りに近いすっきりくっきり画質だけど、全体に処理が丁寧な作りに見える。

解像度推定に使えそうな特徴が残っているカットが少ないけれど、比較的鮮明な輪郭を持つカットで調べると、縦1019辺りの整数で16:9にならない中途半端な数字のところが多数見つかる。

計算では1811.5x1019くらいで、これより大きな整数で16:9になるサイズは1824x1026。

1000を超えているので撮影はフルHDでも元絵の解像度が足りない状態の可能性も考えたくなるけれど、調べた範囲は狭いけれどフルHDっぽい特徴のカットは見つからなかった。

2018年4月14日土曜日

フルメタル・パニック! Invisible Victory 1話

局:TOKYO MX
放送日:2018/04/13
制作:XEBEC
評価:HVFULL,HV1280+/964.5

細くてもしっかり暗い線の高コントラストすっきりくっきり画質で精細感もかなり高い。線の輪郭がソフトなところが多いけれど、ジャギ感の強いカットが少し混ざっている。見た目の印象も少し違うのでちょっと気になる。

人物が小さく描かれるカットでは線も細く、縦1080のジャギがはっきり見えるフルHD制作。一方、大半のカットは仮にフルHDとするなら絵を拡大して使っているように見えるところが多く、縦964.5辺りの中途半端な特徴が残っている。

JCでも似たようなカオス映像が多々あったけれど、撮影サイズ自体異なるカットが混ざっているのか、全体フルHD撮影していても元絵の解像度が不足しているところが多いのか判別するのは難しい。CGでもフルHD解像度とそうではないところがあるので混合状態の可能性が高そう?

妖怪ウォッチ シャドウサイド 1話

局:テレビ東京
放送日:2018/04/13
制作:OLM TEAM INOUE
評価:HV1280+/972

細めでもしっかり暗い線の高コントラストすっきりくっきり画質。

そのままではわかりにくいけれど、明るく補正すると線に僅かにジャギの特徴が残っていて縦は972。元は1728x972のHV1280+で、ちゃんと整数で16:9になるサイズ。OLMは今期イナズマイレブンアレスの天秤も同じ。

2018年4月13日金曜日

奴隷区 The Animation 1話

局:TOKYO MX
放送日:2018/04/12
制作:ゼロジー×ティー・エヌ・ケー
評価:HV1280

黒浮き気味の線も多いけれど、鮮明なカットは適度に暗い滑らかな線のすっきり画質。

ジャギ感ほとんど感じないけれど、背景の描写などには縦720のジャギがはっきり残っているところが多いHV1280。リサイズでの乱れがほとんどないのでシャープフィルタで補正すると人物の線にも比較的きれいに縦720の特徴が残っているのがわかる。

ヲタクに恋は難しい 1話

局:フジテレビ
放送日:2018/04/12
制作:A-1 Pictures
評価:HV1280+/873

明るく高コントラスで輪郭強調もあり、くっきり感は強め。精細感もまずまずだけど作画の簡素さに影響されて安っぽい印象になってしまいそう。

リサイズでの乱れも少なく、A-1の中ではかなり鋭利な輪郭を持った線でジャギの特徴もわかりやすく、縦は873で元は1552x873のHV1280+。

A-1のこのクラスの映像は線の境界がなめらかでジャギ感がほとんどなく、解像度推定が困難なものが多いこともあって、過去の873評価のアニメの大半が?付きになってしまっているけれど、今回は不安なく判断できる映像。

と言っても特に丁寧な作りとか上質な映像ということではなく、ここの特殊な視点において解像度推定が容易である、という話。

ひそねとまそたん 1話

局:TOKYO MX
放送日:2018/04/12
制作:ボンズ
評価:HV1280

カットによって線の太さが大きく異なっているけれど、太い線の多いボンズの中でも比較的太い線で描かれたシーンが目立つ高コントラストくっきり画質。

線の太さに助けられてあまり気にならないけれど、これも鮮明さ優先のリサイズで拡大した周期的な揺らぎが強く残っていて、線の輪郭が崩れて粗く見える。

縦720の特徴も断片的に見えるところはあるけれど、1.5倍に拡大した3ピクセル周期の特徴が優勢なHV1280。

シュタインズ・ゲート ゼロ 1話

局:TOKYO MX
放送日:2018/04/11
制作:WHITE FOX
評価:HV1280

1期の雰囲気は大差ない感じだけど、ぼかし効果が弱く線の黒浮きも軽減して少し鮮明に見えるカットが多い印象。

滑らかな線に見えるけど、拡大してみるとちょっとジャギ感の残る線で安定したフレームでは
どこを見ても縦720のジャギがはっきり残っているわかりやすいHV1280。