2019年1月15日火曜日

けものフレンズ2 1話

局:テレビ東京
放送日:2019/01/14
制作:TOMASON
評価:HV1280+/900, HVFULL(ed)

精細感まずまずだけど輪郭線が全体に黒浮き気味でくっきり感は弱め。CGらしいはっきりとしたジャギが見えるところが少なく線の輪郭が異様になめらかになっているけれど、逆にきれい過ぎてCGっぽいさが強調された感じがしないでもない。

少しぼかしたような絵だけど、細い線や間隔の狭いところではジャギも断片的に確認でき、縦は900で間違いなさそう。元は1600x900のHV1280+。

EDは縦1080の特徴がきれいに残っているところがありフルHDで作られている。

聖闘士星矢 セインティア翔 1話

局:BSアニマックス
放送日:2018/12/24
制作:GONZO
評価:HV1280+/927

製作東映アニメーションでもアニメーション制作はGONZOの組み合わせ。調べるのに時間がかかりそうな難解な特徴で後回しにしていたこれをチェック。微妙なタイミングでのスタートだけど2019冬扱い。

適度に暗い線の高コントラストすっきりくっきり画質が基本だけど、大半のカットで画面上部のコントラストが下がるグラデーションが掛かっているとか、線の太さのバラツキが大きく黒浮きが目立つカットもあり、全体で見るとややソフトな印象の映像に見えるシーンが多い。

線の輪郭が非常になめらかでジャギ感がほとんどなく、細かい描写も少ないので解像度推定に使える特徴が少ない。それでも注意深く鮮明なカットを探し出して丁寧に調べてみると縦927の特徴が複数フレームで見つかり、元は整数で16:9になる1648x927のHV1280+。

2019年1月14日月曜日

賭ケグルイ×× 1話

局:TOKYO MX
放送日:2019/01/13
制作:MAPPA
評価:HV1280+/806

少しぼかした感じの輪郭がソフトな太めの線だけど、しっかり暗いので見た目の鮮明さは十分。

はっきりした特徴が見えないところが多いけれど、人物が小さく描かれるカットでは解像度限界でジャギがはっきり見えるところが残っている。それ以外の場所もリサイズでの乱れは少ないのでシャープフィルタで補正すると解像度推定には十分な特徴が確認でき縦は806。810より少し小さい中途半端なサイズのHV1280+。

1期は1440x810だったので元は同じサイズで拡大時に欠けた可能性が高そう。どろろも同じ縦806で今期のMAPPA絡みの2作品は同じ数字になっている。

荒野のコトブキ飛行隊 1話

局:TOKYO MX
放送日:2019/01/13
制作:GEMBA
評価:HV1280+/844

普通の作画と3DCGが混ざった状態で、どちらもしっかり暗い線のすっきりくっきり画質になっているけれど、絵の差は歴然としていて容易に判別できる違和感がある。1フレーム内で混ざっているところで見るとCG線の方が細めで細かい描写が黒浮きしやすいのに対し、手描き線は若干太めでメリハリのある絵になっているところが多い。

特にCGはジャギ感が強い線なので数えやすいけれど、全体に共通して縦844の特徴が残っていて1500.5x844辺りの整数で16:9にならない中途半端なHV1280+。

2019年1月13日日曜日

えんどろ~! 1話

局:TOKYO MX
放送日:2019/01/12
制作:Stidio五組
評価:HV1280

少し色味のある線でも適度に暗く明るい癖のないすっきり鮮明HD。

なめらかに見える輪郭でジャギ感はほとんど感じないけれど細かい描写では解像度限界で階段状のジャギが残っているところあった。

リサイズでの乱れもほとんどなく、縦720の特徴が綺麗に残っていて、今回もHV1280の五組。

かぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦~ 1話

局:TOKYO MX
放送日:2019/01/12
制作:A-1 Pictures
評価:HV1280+/874

細めの線でもしっかり暗く、精細感十分の高コントラストすっきりくっきり画質。制服のデザインが質素なこともあって人物の描写に使われる線はあまり多くないけれど、背景などでは細かい描き込みが多く、極端に緻密な絵になってるところも出てくる。

そんな背景部分は特にわかりやすいけれど、リサイズでの乱れも少なく整数で16:9にならない縦874のジャギが残っている。1552x873は整数で16:9になるけれど、それより縦1大きい。

A-1では873辺りを中心にバラバラの数字が出てくるので、特定のサイズで作った絵が拡大時に少し切れたという推定では不自然な気もする。映像から判断できない領域なので何を言っても憶測になるけれど、A-1の場合は雑な拡大処理で欠けたというわけではなく、最終的なサイズを厳格に決めずに作った結果微妙な差が出ているだけかもしれない?

バミューダトライアングル~カラフル・パストラーレ~ 1話

局:TOKYO MX
放送日:2019/01/12
制作:セブン・アークス・ピクチャーズ
評価:HV1280+/837.5

線もしっかり暗い高コントラストのすっきりくっきり画質。グラデーション塗りも少なく、視覚効果もあまり使ってないベタ塗り感の強い絵になっている。

線の輪郭がソフトに仕上げられていて解像度推定が難しいけれど、少しシャープフィルタで補正すると縦873.5辺りの特徴が残っている。

魔法少女特殊戦あすかと違い、縦838の情報が残っているかよくわからない。元が整数で16:9になるサイズ1488x873でリサイズ時に僅かに引き伸ばされたのか、もう少し大きなサイズ作られた絵が切れて偶然837に非常に近い特徴になったのか判断できなかった。

いずれにせよ、ここで調べた中ではセブン・アークス・ピクチャーズ初のHV1280+。