2020年1月14日火曜日

A3! SEASON SPRING&SUMMER 1話

局:TOKYO MX
放送日:2020/01/12
制作:Studio 3Hz, P.A.WORKS
評価:HV1280+/900

演出などで線の黒さのばらつきが大きいけれど、鮮明なところは適度に暗い線の癖のない高コントラスト映像。極端に細い線もなく輪郭もソフトなのでくっきり感は普通だけど細かい描写もそれなりにあり潰れも少ない。

リサイズでの乱れもなく縦900の特徴がはっきり残っていて、元は1600x900のHV1280+。3Hzのライフル・イズ・ビューティフルが同じ縦900なので3Hz寄りの映像と言えるかもしれない。

共同制作なので微妙な結果だけど1280x720から動かなかったP.A.WORKSのテレビアニメでは初のHV1280+。ちなみに映画ではP.A.WORKSも既に高解像度化していて、2020年2月公開予定の劇場版SHIROBAKOはPVで見る限り縦1080の特徴がはっきり残るフルHD制作映像になっている。さらに一つ前の「さよならの朝に約束の花をかざろう」も状態の良い映像を見つけていないので断言できないもののフルHD制作だった可能性が高そうな特徴が残っている。

ARP Backstage Pass 1話

局:TOKYO MX
放送日:2020/01/12
制作:ダイナモピクチャーズ
評価:HV1280+/900, HVFULL(予告)

質感を似せる気がまったくない3DCGと普通のアニメ作画の混合映像。

くっきり画質の通常アニメ作画の部分は線がかなり細く、解像度限界でジャギ感の強い線になっているところが多く、縦900の特徴がきれいに残っている。本編中のCGは動きの影響で圧縮劣化が酷く細部が崩れたフレームが大半で十分な精度で確認できるところは少ないけれど、ここも縦900のジャギが残っていて、同様に元は1600x900のHV1280+で揃っている。

あからさまに鮮明なCパート的な予告のCG映像は本編とは異なり縦1080の特徴が残るフルHD相当の映像。

2020年1月13日月曜日

ドロヘドロ 1話

局:TOKYO MX
放送日:2020/01/12
制作:MAPPA
評価:HV1280+/844

CG含め全体に破線的というかかすれたように見えたり、粒状感が強く残っているなどすっきりした絵にならないような独特の線で描かれている。

放送ではほとんど潰れているけれど強めのグレイン風ノイズに加え、手ぶれ的なフレーム毎に絵の位置を微妙に揺らすなど、フィルムっぽい絵を意識したような効果付き。その辺りの要素は放送には厳しく圧縮劣化も加わって解像度推定が困難な映像になっている。それでも明るめのカットでは線の境界がはっきりしているところもあり、断片的でも位相で見ると十分正確に過去のMAPPAで出てきた縦844の特徴が確認できるところが多いので、元は1500.5x844辺りの中途半端なHV1280+で間違いなさそう。

このアニメに限らず1500.5などの数字は計算で0.5ピクセル単位に丸めた推定値でしかなく、普通に考えると撮影時の解像度は整数で指定するはずなので、近似で1500x844を使っているとか、最初は整数で16:9になる1504x846だったものが最終的な映像になるまでに少し欠けた結果、など処理過程については憶測しかできない。

ぼくのとなりに暗黒破壊神がいます。 1話

局:TOKYO MX
放送日:2020/01/12
制作:EMTスクエアード
評価:HV1280+/954


線が黒というほど暗くないけれど、コントラストも十分高い比較的癖のないHD画質に見える。

人物の線の輪郭がソフトで、カットによっては太めの線になっているところも多いので、精細感が強い映像という感じは弱いけれど、細かい描写でも潰れが少なく高解像度な映像の特徴が残っているところも何箇所か見つかる。

ジャギ感が弱いので解像度推定が困難なカットが大半だけど、デジタル作画要素など線が細いところを見ると縦954の特徴がはっきり残っているところが何カットかあり、1696x954は整数で16:9になるサイズの一つなので元はこのサイズの可能性が高そう。ただズームなどのカメラワーク的な動きも多いので絵を拡大して使っているところ多いかもしれない。


2020年1月12日日曜日

ソマリと森の神様 1話

局:TOKYO MX
放送日:2020/01/09
制作:サテライト
評価:HV1280+/810

日差し表現やフレーム全体にグラデーションをかけるなど比較的効果多用の影響で黒浮き気味の線が多いけれど、基本は適度に暗い線の高コントラスト映像の鮮明シーンも多い。線の輪郭がとてもなめらかで大画面でも粗さを感じることはほとんどなさそうだけど、細かい描写は潰れ気味で精細感はあまりない。

境界がはっきりしないのでわかりにくいところが多いけれど、リサイズでの乱れは少なく細い線には縦810のジャギが残っている1440x810のHV1280+。

線に注目すると高解像度の特徴に見える滑らかさなので、最近のサテライトの傾向から870以上のサイズを想定して調べたのにその辺りの数字の特徴が見つからず時間がかかってしまったけれど、先入観を捨てて見るとむしろわかりやすいくらいの縦810のジャギがたくさん残っている映像だった。同じものを見ているのに、ちょっとした思い込みでその特徴を見いだせなくなるのは少し怖い体験。

サテライトは2年くらい縦870以上を維持していたのでかなり落ちてしまった印象。

22/7 1話

局:TOKYO MX
放送日:2020/01/11
制作:A-1 Pictures
評価:HV1280+/900

線の太さのばらつきで黒浮き気味のところもあるけれど、人物が小さく描かれるところでも適度な暗さを維持した線になっていて、シーン感での印象差の少ない映像になっている。

線の輪郭がソフトでくっきり感は強くないけれど、リサイズでの乱れもなく細めの線には縦900の乱れのないジャギが残っていて、元は1600x900のHV1280+。

虚構推理 1話

局:テレビ朝日
放送日:2020/01/11
制作:ブレインズ・ベース
評価:HV1280

演出で場所によって印象は異なるけれど、明るいところは適度に暗い線の高コントラスト映像のくっきり画質。全体で見ると輪郭は十分なめらかに見えるけれど、線の輪郭は鋭利で明るいところでは粗さを感じるところがちらほら。

リサイズでの乱れもほとんどなく、縦720の特徴がわかりやすく残っているHV1280で、2020冬2作品目の1280x720。