2019年7月15日月曜日

BEM 1話

局:テレビ東京
放送日:2019/07/14
制作:ランドック・スタジオ
評価:HV1280+/848

暗いシーンが多いけれど、明るいところは少し太めのしっかり黒い線で輪郭がはっきりしたくっきり画質に見える。

リサイズで僅かに周期的なゆらぎが見えるけれど、輪郭が鋭利で若干ジャギ感の残る線なので
整数で16:9にならない縦848の特徴がはっきり残っている。元は1507.5x848辺りのHV1280+。

縦848は2013,2014年のZEXCS作品で2回出てきたけれどここで見た中では3回目。2019夏も他に844が2つあるけれど840台は良く出てくる数字で、この辺りのサイズは1440x810の一つ上のグループという感じになっている。

2019年7月13日土曜日

とある科学の一方通行 1話

局:TOKYO MX
放送日:2019/07/12
制作:J.C.STAFF
評価:HV1280+/900

基本適度に暗い線でも細く黒浮き気味で、くっきり画質というほどのメリハリのないシーンも多い。
若干簡素でも細かい描写が多く高解像度らしい精細感のある絵に見える。

リサイズの特徴がお母さんは好きですか? に似ていて長い周期の揺らぎが出て正確な数字を判断することが難しいけれど、断片的な特徴を合わせてみると縦900の特徴になっていて、今回もHV1280+化以降の禁書シリーズ共通サイズ1600x900を維持している。

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうかⅡ 1話

局:TOKYO MX
放送日:2019/07/12
制作:J.C.STAFF
評価:HV1280+/903?

演出で黒浮き気味のシーンもあるけれど、適度に暗い線で輪郭も比較的はっきりしたすっきりくっきり画質。

1期同様、断片的には縦900近辺の特徴が見えるところが大量にあるけれど、おそらくリサイズの影響でフレーム内でもはっきり見えるところと見えないところがあって正確な数字が見いだせない。条件の良い場所を選んで見るとどのカットも900から僅かにずれて見えるけれど、1ピクセル単位で断定できるような特徴のあるフレームが見つからなかった。

全体が同じサイズであると仮定すると、縦903辺りの特徴が多いのでその辺りが正解に近そう。
1600x900クラスの映像なのは間違いないけれど、903は誤認の可能性があるので?付き。

通常攻撃が全体攻撃で二回攻撃のお母さんは好きですか? 1話

局:TOKYO MX
放送日:2019/07/12
制作:J.C.STAFF
評価:HV1280+/900


多少線の太さ暗さにばらつきはあるけれど、基本黒に近い線の高コントラストすっきりくっきり画質。

補間の効いたリサイズで長い周期の揺らぎがあり少しわかりにくいけれど、JC作品の中では比較的鋭利な輪郭で縦900の特徴が確認できる。元は1600x900のHV1280+。

通常のアニメ作画部はわかりにくいけれど、一部のCG要素では乱れのないCGらしい縦900のジャギがきれいに残っているところもあった。CGも全体で見るとソフトな輪郭になっていて、ジャギ感の強い線はほとんど出てこない。

まちカドまぞく 1話

局:TBS
放送日:2019/07/11
制作:J.C.STAFF
評価:HV1280+/937.5?

黒というほど暗くないけれどしっかり暗い線の高コントラストくっきり画質。簡素背景カットも多いけれど全体では細かい描写も多く精細感も十分。



非常になめらかに見える線の副作用として(といってもあに瓶的にわかりにくいというだけでむしろ丁寧な処理の成果)輪郭がはっきりしないカットが多く、しっかり補間の効いたリサイズで元絵の特徴が良く残っていたり、リサイズ長い周期のゆらぎがあるなど、JCらしい解像度推定難易度の高い映像。

比較的鮮明なカットではわずかにジャギ感が残る線が残っているところもあり、縦937.5辺りに見えるカットが複数あった。ただ全体に共通する特徴と断言できるほど明確な特徴ではないため、?付きで追跡調査。

ギヴン 1話

局:フジテレビ
放送日:2019/07/11
制作:Lerche
評価:HV1280

太さのばらつきが大きい線で演出の効果で黒浮き気味の線も多いけれど、ボケを感じるところも少なく十分鮮明に見える。しっかり補間の効いたリサイズで細かい描写でもジャギ感が弱く、細かい描写での潰れも少ない。

リサイズでの乱れは少なく、拡大して見ると乱れのない縦720の特徴がわかりやすく残っていてこれもHV1280。

異世界チート魔術師 1話

局:TOKYO MX
放送日:2019/07/10
制作:エンカレッジフィルムズ
評価:HV1280

適度に暗い線が基本だけどぼかし効果で人物が小さいカットなどでは黒浮きが目立ち、全体にソフトな印象のHD画質。

線の輪郭がはっきりせずわかりにくいけれど、リサイズでの乱れはなく細めの線には縦720の特徴が残っているHV1280。

2019年7月10日水曜日

可愛ければ変態でも好きになってくれますか? 1話

局:TOKYO MX
放送日:2019/07/09
制作:GEEKTOYS
評価:HVFULL, HV1280+/831

あまり黒くない線で輪郭がはっきりしない程度の軽いぼかし効果もあり、くっきり画質というほどのメリハリはない。背景を中心に非常に細かい描写も多いけれど、作り込まれた緻密な映像という感じはない。

線の輪郭がはっきりせず、推定困難なカットが多いけれど、比較的鮮明なカットで見ると整数で16:9にならない縦831の特徴が残っているカットが複数見つかるので1477x831辺りのサイズのカットが多そう。

一方細かい描写のある背景のカットを見るとCG的な作りの部分には縦1080のジャギが残っていて、少なくともフルHD撮影が混ざっているようだ。フルHDの特徴があるカットの人物の絵(古典的に言うとセルに描かれたような要素)などには拡大跡があり、元絵の解像度はまったく足りていないのでフルHDらしい映像と言えるようなカットは1話では見つけられなかった。

今後変化する可能性もありそうなので2話以降もチェックしてみる予定。

ありふれた職業で世界最強 1話

局:TOKYO MX
放送日:2019/07/08
制作:asread. × WHITE FOX
評価:HV1280+/947.5

1話は暗いシーンが大半だけど、明るいところは線が細く黒浮き気味なカットが多いのでくっきり感は弱い。線が少なめのちょっと簡素な作画だけど、精細な描写のあるカットも多く精細感はまずまず。

それほど高精細な絵に見えない環境も多いかもしれないけれど、中途半端な数字ながら縦947.5辺りの特徴が確認できる高解像度映像で、計算では1684.5x947.5程度。

共同制作のアスリードとWHITE FOXはどちらも長く1280x720から動きがなかったけれど、両制作絡みのここで調べた映像の中では初のHV1280+作品になった。

コップクラフト 1話

局:TOKYO MX
放送日:2019/07/08
制作:ミルパンセ
評価:HV1280

明るいシーンでは黒というほど暗くない線がぼかし効果で黒浮き気味になっているところが多く、全体にソフトな質感の映像。

ジャギ感が弱く解像度を推定できる特徴がはっきりしないけれど、リサイズでの乱れは少なく、シャープフィルタで補正すると720のジャギが確認できるHV1280。

胡蝶綺~若き信長~ 1話

局:TOKYO MX
放送日:2019/07/08
制作:スタジオディーン
評価:HV1280+/918

黒浮き気味の線が多いけれどボケ感を感じるほどでもなく、線が細いので精細感の高い絵に見える。緻密な作画という感じではないけれど、細かい描写の多いカットもそれなりにある。

撮影時のリサイズも比較的上質でしっかり補間が効いてわかりにくいところもあるけれど、線が細い場所では解像度限界で縦918のジャギがはっきり見えるところもあり、元は1632x918のいつものディーン標準サイズ。

2019年7月8日月曜日

ヴィンランド・サガ 1話

局:NHK-G
放送日:2019/07/07
制作:WIT STUDIO
評価:HV1280

適度に暗い線の高コントラスト映像。比較的情報量の多い作画で緻密な絵で線の輪郭もなめらかに見えるところが多く、高解像度と思えるような質感ではあるけれど、細い線にははっきりジャギが見えるところが多く精細な映像ではない。

リサイズでの乱れも少なく、安定したフレームでは縦720の特徴がきれいに残っているわかりやすいHV1280。

ビジネスフィッシュ 1話

局:TOKYO MX
放送日:2019/07/07
制作:アイアンドエー
評価:HVFULL

輪郭線のある簡素な3DCG。極端に細かい描写を除くと比較的ジャギ感の弱い輪郭になっている。

CGらしい乱れのない縦1080の特徴がきれいに残っているフルHD制作映像。

ナカノヒトゲノム【実況中】 1話

局:TOKYO MX
放送日:2019/07/07
制作:SILVER LINK.
評価:HV1280

意図的にやっているので狙った質感だけど、線の太さのばらつきが大きく細い先が黒浮きして黒さもまちまちなのでコントラスト高めでもどこかはっきりしない感じの絵に見える。

比較的ジャギ感の強い絵でリサイズでの乱れも少なく、縦720の特徴がわかりやすいHV1280。

1440x810が標準と言えるくらいに増えてきたSILVER LINK.だけど、併用が長く続いていてなかなか1280x720が無くならない。

からかい上手の高木さん② 1話

局:TOKYO MX
放送日:2019/07/07
制作:シンエイ動画
評価:HV1280+/765

1期同様ジャギ感の強いくっきり画質。ここの天敵と言いたくなるほど撮影解像度の特徴がはっきりしない映像が大半のシンエイ動画作品の中では異質な特徴で、どこを見ても縦765とジャギがきれいに残っている1360x765のHV1280+で変化なし。

このサイズはシンエイ動画で過去何度か出てきたけど、ここで調べた中には他制作での採用例はない。そもそも1280x720と1440x810の間は空白域で縦720を超える700台の数字自体ほとんど出てこないレアな存在。

あんさんぶるスターズ! 1話

局:TOKYO MX
放送日:2019/07/07
制作:david production
評価:HV1280+/900

彩度高めの高コンストラスト映像だけど、線が細いところやぼかし効果で黒浮き気味な線も多く、くっきり画質というほどのメリハリはない。

十分なめらかな線に見えるけれど、輪郭が鋭利なところも多くリサイズでの乱れも少ないので、縦900の特徴がわかりやすく残っている。脱1280x720が遅かったdavid productionだけど2017春以降は1600x900で安定している。

Re:ステージ!ドリームデイズ♪ 1話

局:TOKYO MX
放送日:2019/07/07
制作:ゆめ太カンパニー×グラフィニカ
評価:HV1280+/810

太めのしっかり暗い線の高コントラストくっきり画質。太めの線なので気になる環境は少ないかもしれないけれどジャギ感の強い輪郭で、細部が潰れ気味な描写が多いので粗い絵に見えてしまうシーンも多い。

リサイズでの乱れはなく線の輪郭も鋭利で、どこを見ても縦810の特徴がきれいに残っている1440x810のHV1280+。

戦姫絶唱シンフォギアXV 1話

局:TOKYO MX
放送日:2019/07/06
制作:サテライト
評価:HV1280+/871

効果の弱いカットは線もしっかり暗くメリハリのあるくっきり画質に見えるけれど、演出的な効果で線が黒浮き気味になっているところが大半で少しソフトな絵に見えるところが多い。

リサイズでの乱れは少なく、HV1280+に移行した前シリーズと同じ縦871のジャギが残っていて、整数で16:9にならない1548.5x871辺りの中途半端なサイズ。

ロード・エルメロイⅡ世の事件簿 -魔眼蒐集列車 Grace note- 1話

局:TOKYO MX
放送日:2019/07/06
制作:TROYCA
評価:HV1280

全体にあまり黒くない細い線が基本のソフトな質感。ほとんどの場所で線が細すぎてジャギ感が強く、拡大してみると階段状の特徴が全体に強く出ている。

リサイズでの乱れはなく、縦720のジャギがはっきり見えるわかりやすいHV1280。先週再放送の0話も同じく1280x720。

2019年7月6日土曜日

荒ぶる季節の乙女どもよ。1話

局:TBS
放送日:2019/07/05
制作:Lay-duce
評価:HV1280

それほど黒くない線でも全体に似たような淡い質感で統一されて安定している。ぼかし効果で気にならない程度にソフトな輪郭になっているけれど、作画の線が細く解像度限界でジャギ感の強い線になっていて、特に細かい描写では階段状のジャギがはっきり残っているところがあった。

リサイズでの乱れはなく、どこを見ても縦720のジャギがきれいに残っているとてもわかりやすいHV1280。

グランベルム 1話

局:TBS
放送日:2019/07/05
制作:Nexus
評価:HV1280

暗いシーンが多いけれど、明るいところでは適度に暗い線の高コントラスト映像。

狙ってやっていると思うけれど線の輪郭はソフトというより少し荒れ気味なことに加え、傾斜の大きいグラデーション塗りが多く、色ずれ効果で線に色が浮いているのですっきり画質に見えない。Nexusでは去年のこみっくがーるずでも色ずれ効果を多用していたので気に入ってるのかも。

リサイズでの乱れは少なく、乱れのない縦720の特徴がしっかり残っているHV1280。Nexus作品は数は少ないけれど1280x720以外のテレビアニメはない。

炎炎ノ消防隊 1話

局:TBS
放送日:2019/07/05
制作:david production
評価:HV1280+/900

線がそれほど細くないので精細感は強くないけれどメリハリのある高コントラストくっきり画質。
ジャギ感もほとんどなく全体になめらかな輪郭に見える。

線に注目すると解像度推定が難しいなめらかさでわかりにくいけれど、撮影時のリサイズで発生した線の輪郭に沿ったノイズに縦900の特徴がきれいに残っていて、元は1600x900のHV1280+。

女子高生の無駄づかい 1話

局:TOKYO MX
放送日:2019/07/05
制作:パッショーネ
評価:HV1280+/864

彩度抑えめで少し明るい線の落ち着いた質感。バランスの悪さを感じるほどではないけれど、線の黒さのばらつきが大きく人物が小さくなると黒浮き気味なりメリハリのない絵に見えるところもちらほら。

線の輪郭は比較的鋭利で縦864の特徴がわかりやすく残っていて、元は1536x864のHV1280+。

Dr.STONE 1話

局:TOKYO MX
放送日:2019/07/05
制作:トムス・エンタテインメント
評価:HV1280+/810

アップのカットは特に太い線になっているけれど、全体にしっかり暗い太めの線で描かれた高コントラストくっきり画質。拡大して見ると作画時の線は普通に細く描いているようで、細かい細かい描写も潰れず残っている。

比較的ジャギ感強めの絵でリサイズでの乱れも少なく、縦810の特徴がきれいに残っている1440x810のHV1280+。

うちの娘の為ならば、俺はもしかしたら魔王も倒せるかもしれない。 1話

局:TOKYO MX
放送日:2019/07/04
制作:MAHO FILM
評価:HV1280

元からあまり暗くないことに加え線が極端に細い上にぼかし効果もあり、全体に黒浮きの多さが気になる。その影響でカットによって黒さがバラバラで演出的な理由がないところでも見た目の鮮明さが変化するチグハグなシーンも多い。解像度限界でジャギがはっきり見えていたり、線の黒さがジャギの周期で変化して破線のようになっているところがたまに気になる。

リサイズは特に乱れもなく、安定したカットでは縦720のジャギがきれいに残っているわかりやすいHV1280。

2019年7月4日木曜日

魔王様、リトライ! 1話

局:TOKYO MX
放送日:2019/07/03
制作:EKACHI EPILKA
評価:HV1280+/844

輝度グラデーションや色の線などあまり黒くない線もあるけれど、基本黒に近い線で描いているので全体では鮮明HD画質な印象。

リサイズでの乱れは少なく、比較的鮮明なカットでは縦844の特徴がきれいに残っている。2019夏でも2本目だけど縦844は整数で16:9にならないのに複数の制作で出現例が出てくる謎サイズの一つ。

彼方のアストラ 1話

局:TOKYO MX
放送日:2019/07/03
制作:ラルケ
評価:HV1280+/927?

上下103ピクセル幅の黒帯付きカットが大半で帯なしカットが一部混ざったような構成。

線の輪郭がソフトではっきりせず、パンやズームなどのカメラワーク多用も影響して比較的良い状態のフレームを調べても全体に共通する数字が見えてこない。稀にジャギ感の残る線のカットが混ざっているところがあったり、元絵の解像度が極端に不足しているなどちょっと作りが雑な印象。

比較的ジャギの見えるカットをいくつか調べてみると黒帯込みで縦927に見えるカットが複数確認できたので元はで整数で16:9になる1648x927が正解に思えるものの、縦927からずれて見えるカットも多く、撮影解像度ではなく元絵の特徴が見えているだけかもしれないので?付き。

ダンベル何キロ持てる? 1話

局:TOKYO MX
放送日:2019/07/03
制作:動画工房
評価:HV1280+/810

黒というほど暗い線ではないけれど、明るい絵の高コントラストすっきりくっきり画質。簡素な作画で精細感の弱いカットが多いけれど、背景では情報量の多い緻密なカットも少しある。


リサイズでの乱れも少なく縦810の特徴がきれいに残っていて、今期も1440x810のHV1280+の動画工房。

ソウナンですか? 1話

局:TOKYO MX
放送日:2019/07/02
制作:Ezóla
評価:HV1280

適度に暗い線の明るい絵のすっきりくっきり画質だけど、ぼかし効果の影響で人物が小さく描かれるところでは線が黒浮き気味で少しソフトな絵に見えるシーンが多い。

リサイズでの乱れもなく、これも縦720の特徴がわかりやすいHV1280。


手品先輩 1話

局:TOKYO MX
放送日:2019/07/02
制作:ライデンフィルム
評価:HV1280

精細感はないけれど、癖のないすっきりくっきり画質。

リサイズでの乱れも少なく縦720の特徴もわかりやすいHV1280。

かつて神だった獣たちへ 1話

局:TOKYO MX
放送日:2019/07/01
制作:MAPPA
評価:HV1280+/844

明るさを抑えたシーンも多いけれど、線は細過ぎずしっかり暗いのでメリハリのある絵に見える。リサイズでの乱れもなく細かい描写の潰れも少ないので精細感もまずまず。

比較的わかりやすく縦844の特徴が残っていて元は1500.5x844辺りの整数で16:9にならない中途半端なサイズ。MAPPAでは去年のゾンビランドサガも同じだった。

スタミュ 第3期 1話

局:TOKYO MX
放送日:2019/07/01
制作:C-Station
評価:HV1280/719

基本適度の暗い線で描いているけれど、グラデーション効果やジャギ感軽減のぼかしの影響で
黒浮き気味の線も多く、どこかはっきりしない感じがするカットもちらほら。若干雑なリサイズ処理で細かい描写が潰れ気味なっているところも多い。

前シリーズから2年空いたけれど、縦は720に1足りない719は変わらず拡大時にわずかに欠けたHV1280。

続・終物語 1話

局:TOKYO MX
放送日:2019/05/18
制作:シャフト
評価:HV1280

評価のみ。

KING OF PRISM -Shiny Seven Stars- 1話

局:TOKYO MX
放送日:2019/04/15
制作:タツノコプロ
評価:HV1280

適度に暗い線のすっきりくっきり画質。

十分なめらかな輪郭に見えるけれど、拡大してみるとジャギ感の残る絵をぼかして整えたような作りで、乱れのない縦720と特徴がわかりやすく残っているHV1280。

ストライクウィッチーズ 501部隊発進しますっ! 1話

局:TOKYO MX
放送日:2019/04/09
制作:Acca effe, 戯画プロダクション
評価:HV1280+/864?

EDは線の輪郭も鋭利で通常より絵を縮小した結果乱れのない縦864ジャギがわかりやすく残っているけれど、本編は輪郭がソフトなことに加えカメラワーク的な動きが多く十分な精度で推定できるカットがほとんどない。

比較的線がはっきりしたカットを選んで見ると断片的に縦864に近い特徴はあるので本編も元は1536x864のHV1280+の可能性が高そうだけど、正確に864と断定できるフレームが見つけられなかったので?付き。

異世界かるてっと 1話

局:TOKYO MX
放送日:2019/04/09
制作:スタジオぷYUKAI
評価:HVFULL

デジタル作画のすっきりくっきり画質。この手のCG映像では珍しくないけれど縦1080のジャギもきれいに残っているわかりやすいフルHD制作映像。

ワンパンマン 第2期 1話

局:テレビ東京
放送日:2019/04/09
制作:J.C.STAFF
評価:HVFULL?

線の輪郭がはっきりせず解像度推定が困難なタイプのJC画質。十分鮮明に見えるカットも多いけれど、元から黒というほど暗い線ではなく太さもバラバラ、特に細い線は黒浮きも目立ちくっきり感は弱い。

人物の線は絶望的に輪郭がはっきりせずお手上げ状態だけど、CG的な作りの背景でははっきり縦1080のジャギが見えているところがあった。細部の潰れの少なさから全体がフルHD制作の
可能性が高そうだけど断定できる特徴は確認できないので?付き。

超可動ガール1/6

局:TOKYO MX
放送日:2019/04/08~
制作:studio A-CAT
評価:HVFULL?

最初から丁寧なアンチエイリアスにしているのか後処理かわからないけれど、ほとんどカットではCG部もジャギ感が皆無で異様に輪郭がなめらかに仕上げられている。普通の作画部分も同様になめらかで解像度推定に使える特徴が皆無に近い。

そんな中、何故か2話のコップの部分はいかにもCGらしい乱れのないジャギがきれいに残っていた。ここは縦1080になっているのでフルHD制作なのは間違いないものの、通常のアニメ作画含め、全体がフルHD相当と言える作りなのか判断できず?付き。

2019年7月1日月曜日

放送中アニメ評価一覧

2019年7月~9月の放送中アニメ評価一覧です。

2019年4月~6月の一覧はこちら

作品名評価
ビジネスフィッシュHVFULL
可愛ければ変態でも好きになってくれますか?HVFULL
HV1280+/831
彼方のアストラHV1280+/927?
ありふれた職業で世界最強HV1280+/947.5
まちカドまぞくHV1280+/937.5?
胡蝶綺~若き信長~HV1280+/918
ダンジョンに出会いを求めるのは
間違っているだろうかⅡ
HV1280+/903?
とある科学の一方通行HV1280+/900
通常攻撃が全体攻撃で二回攻撃の
お母さんは好きですか?
HV1280+/900
あんさんぶるスターズ!HV1280+/900
炎炎ノ消防隊HV1280+/900
戦姫絶唱シンフォギアXVHV1280+/871
女子高生の無駄づかいHV1280+/864
BEMHV1280+/848
魔王様、リトライ!HV1280+/844
かつて神だった獣たちへHV1280+/844
Re:ステージ!ドリームデイズ♪HV1280+/810
Dr.STONEHV1280+/810
ダンベル何キロ持てる?HV1280+/810
からかい上手の高木さん②HV1280+/765
ギヴンHV1280
異世界チート魔術師HV1280
コップクラフトHV1280
ヴィンランド・サガHV1280
ナカノヒトゲノム【実況中】HV1280
ロード・エルメロイⅡ世の事件簿HV1280
荒ぶる季節の乙女どもよ。HV1280
グランベルムHV1280
うちの娘の為ならば、
俺はもしかしたら魔王も倒せるかもしれない。
HV1280
ソウナンですか?HV1280
手品先輩HV1280
スタミュ 第3期HV1280/719

2019年4月16日火曜日

さらざんまい 1話

局:フジテレビ
放送日:2019/04/11
制作:MAPPA / ラパントラック
評価:HV1280+/861

線が細く黒浮き気味になってるカットも多いけれど、基本適度に暗い線で高コントラストの鮮明HD。
実写加工的な作りに見えるところもあるけれど特に背景は非常に細かい緻密な描写が目立つ。

特に背景にはジャギがはっきり見えるところが多いのに、撮影までのリサイズがしっかり補間の効いたリサイズで元絵の特徴が強く残っている影響で撮影解像度の推定がかなり難しい。

それでも特に細かい背景描写が解像度限界でジャギが強く残ったところを見ると断片的に縦861辺りに見えるカットが多いので、少し誤差があるかもしれないけれどこの辺りのサイズだろう。

文豪ストレイドッグス 26話

局:TOKYO MX
放送日:2019/04/12
制作:ボンズ
評価:HV1280

アップのカットでは黒に近い太めの線のボンズらしいくっきり画質になってるところもあるけれど、細めで少し明るい線のシーンが多い。鮮明さ優先のリサイズというほど極端ではないものの、全体にジャギ感の残っていて環境によっては粗い絵に見えてしまうこともありそう。

線よりは線の輪郭に縦720の特徴がはっきり残っていて、引き続きHV1280で再開。

賢者の孫 1話

局:TOKYO MX
放送日:2019/04/11
制作:SILVER LINK.
評価:HV1280+/810

しっかり暗い線の高コントラストすっきりくっきり画質。輪郭は滑らかだけど線がそれほど細くなく、
精細感は弱め。

リサイズでの乱れは少なく、縦810の特徴がわかりやすく残っている1440x810のHV1280+。

キャロル&チューズデイ 1話

局:フジテレビ
放送日:2019/04/10
制作:ボンズ
評価:HV1280

作画時の線の太さのバラつきを残して場所によっては線の黒浮き気味のところもあるけれど、
基本適度に暗い線で輪郭強調気味び独特のくっきり感がある。ただ強い輪郭強調は線の近くが明るくなってその部分の色が消えてしまうので、どこか汚い絵に見えてしまうシーンも多い。

ジャギ感が強いけれどリサイズでの乱れは少なく、縦720の特徴がはっきり残るHV1280。

2019年4月15日月曜日

世話やきキツネの仙狐さん 1話

局:TOKYO MX
放送日:2019/04/10
制作:動画工房
評価:HV1280+/810

色味のある明るめの線が大半でくっきり画質ではないけれど、輪郭は比較的鋭利でソフトというほどのボケ感はない。

リサイズでの乱れも少なく、縦810の特徴がきれいに残っている1440x810のHV1280+。

2019年4月10日水曜日

RobiHachi 1話

局:TOKYO MX
放送日:2019/04/08
制作:studioCOMET
評価:HV1280+/871

彩度高めでしっかり暗い線の高コントラストすっきりくっきり画質。人物が小さく描かれ線が細くなっているところも黒浮きが目立つことがなく、全体にメリハリのある鮮明画質になっている。

なめらかな線に見えるけれど拡大してみるとジャギ感の強い線をぼかして整えたような特徴で、
リサイズでの乱れも少なく縦871の乱れのない特徴がわかりやすく残っている。

整数で16:9になる873に2足りない中途半端な数字だけど縦871は制作を超えて何度も出てくる謎サイズの一つ。スタジオコメットでは2016年の美男高校地球防衛部LOVE!LOVE!もこの数字だった。

南無阿弥陀仏っ!-蓮台 UTENA- 1話

局:TOKYO MX
放送日:2019/04/08
制作:ASAHI PRODUCTION
評価:HV1280+/955.5

適度に暗い黒っぽい線が基本だけど、色味のある線も多用していてくっきり感のあるカットとどこかはっきりしないカットが混ざっている。精細な描写が多く精細感は高いけれど、人物がかなり小さく描かれるカットでは極端に黒浮きした線もあり、全体で見ると統一感に欠ける印象。

大半は線の輪郭がなめらかになっていてわかりにくいけれど、たまに処理をサボったのか線が階段状になったジャギ感の強いカットも混ざっていて、その辺りを中心に調べて見ると縦955.5辺りの中途半端な数字。旧京アニ標準とほぼ同じサイズ。

八月のシンデレラナイン 1話

局:テレビ東京
放送日:2019/04/07
制作:トムス・エンタテインメント
評価:HV1280+/878?

少し色味のある線だけど十分暗く、精細感もまずまずの鮮明HD画質に見える。全体に線の輪郭がソフトでジャギ感が弱いのに細かい描写の潰れが少なく、微妙なバランスで丁寧に仕上げている印象。

普通に見ていて気になるレベルではないけれど、全体にノイズ効果が掛かっているのか動きのほとんどないカットでも線の輪郭に圧縮劣化が多めで解像度推定に使える特徴がはっきりしないカットばかりで十分な精度で判断するのが難しい。

断言できる特徴はないものの、背景のCG要素で部分的にジャギが出ているところなど、多数のフレームの断片的な特徴から縦878と仮定すると矛盾が少ないので、この辺りのサイズだろう。?付きで2話以降、再確認の予定。

なんでここに先生が!? 1話

局:TOKYO MX
放送日:2019/04/07
制作:ティアスタジオ
評価:HV1280+/873

適度に暗い線の癖のない高コントラストすっきりくっきり画質。

線の輪郭も比較的鋭利でリサイズでの乱れも少なく縦873のジャギがはっきり確認できる、元は1552x873の旧ディーン標準サイズ。

真夜中のオカルト公務員 1話

局:TOKYO MX
放送日:2019/04/07
制作:ライデンフィルム
評価:HV1280


黒に近い線の高コントラストくっきり画質。

これも鮮明さ優先のリサイズで拡大した周期的なゆらぎが残っているけれど、輪郭の粗さが気になるところは少なく、線に注目すると1280x720より上の絵と思えるような特徴になっているところが多い。ただ線の細さから感じる精細感に対して細かい描写がないので、簡素な作画に見えてしまう気がしないでもない。

線には縦720の特徴がほとんど残っていないけれど、1.5倍に拡大した3ピクセル周期のゆらぎがはっきり見えるタイプのHV1280。

Fairy gone 1話

局:TOKYO MX
放送日:2019/04/07
制作:P.A.WORKS
評価:HV1280

何をやってるのかわからないほどではないけれど暗いシーンを暗いまま描くので暗さが印象的な映像。線の輪郭はなめらかに見えるけれど作画時の線は細めで、ジャギ感の残る線をぼかして整えたような作りのカットが多い。

安定したフレームでは縦720の特徴がわかりやすく残っていて、今回もHV1820のPA。

冒頭の統歴481年の文字はフルHDサイズで入れているように見えるけれど、下のや装飾付きU.E.481などの表記もフルHDサイズで入れているようだ。テロップ的な文字はむしろフルHDサイズで追加することの方が多いけれど、絵に重ねるロゴ的な要素や装飾がフルHD解像度になってる映像もたまに出てくる。

消滅都市 1話

局:TOKYO MX
放送日:2019/04/07
制作:マッドハウス
評価:HV1280

太めの黒に近い線が輪郭強調気味になっているので極端なくっきり画質に見えるけれど、鮮明さ優先のリサイズで拡大した周期的なゆらぎで強く、線の輪郭がガタガタで粒状感が出てしまっている。

縦720の特徴はわかりにくいけれど、1.5倍に拡大した3ピクセル周期のゆらぎがはっきり残るタイプのHV1280。

2019年4月7日日曜日

群青のマグメル 1話

局:TOKYO MX
放送日:2019/04/07
制作:ぴえろプラス
評価:HV1280+/810

少し太めでしっかり暗い線の高コントラストくっきり画質。後半はかなり強いノイズ効果がかかっているシーンが多い。

適度なぼかしでほとんどジャギ感のない滑らかな線に見えるところが多いけれど、線の輪郭ははっきりしていて縦810の特徴がきれいに残っている。ぴえろプラスはサイズが安定しないけれど、
前クールの不機嫌なモノノケ庵 續に続いて1440x810のHV1280+を継続している。

デュエル・マスターズ!! 1話

局:テレビ東京
放送日:2019/04/07
制作:ブレインズ・ベース 小学館ミュージック&デジタルエンタテインメント
評価:HV1280

アセンションからブレインズ・ベースに入れ替わり。

黒に近い線の高コントラストすっきりくっきり画質という部分は変わらないものの、ジャギ感の強い線の低解像度映像に劣化。線が太いので気になる環境は少ないだろうけど、大画面だと粗さが見えてしまうこともありそう。

リサイズでの乱れは少なく縦720の特徴がはっきり残るHV1280。2014年から前シリーズまで5年1536x864を維持していたけれど劣化してしまった。

ちなみにここ数年1280x720ばかりのブレインズ・ベースも、2014~2016年には1536x864や1600x900で作った作品がいくつかあった。ただ当時も1280x720併用だったので基本1280x720の制作というところは変わってないかも。

この音とまれ! 1話

局:TOKYO MX
放送日:2019/04/06
制作:プラチナビジョン
評価:HV1280+/900

彩度抑えめで線も黒というほど暗くないのでくっきり感は弱いけれど、明るめの絵で細かい描写も多く精細感十分の鮮明HD。

ジャギ感もほとんどない滑らかな線に見えるけれど、線の輪郭は比較的鋭利で乱れのない縦900の特徴がきれいに残っているわかりやすい1600x900のHV1280+。

本数は少ないけれどプラチナビジョンのテレビアニメは1600x900で安定している。

ぼくたちは勉強ができない 1話

局:TOKYO MX
放送日:2019/04/06
制作:stシルバー × アルボアニメーション
評価:HV1280+/864

共同だけどどちらもテレビアニメでは初の制作。

しっかり暗い線の高コントラストすっきりくっきり画質だけど、彩度高めというか異様に濃い色と普通の配色が混ざった感じのちょっと癖のある絵。

細い線の描写ではジャギ感の残る線も多いけれど、全体で見ると線の輪郭もなめらかで作りは悪くない印象。

リサイズでの乱れも少なく縦846の特徴がきれいに残っていて、元は1536x864のHV1280+。1600x900ほどではないけれど縦横とも16の倍数になる1536x864は、採用する制作がコンスタントに出てくる標準的なサイズの一つ。

鬼滅の刃 1話

局:TOKYO MX
放送日:2019/04/06
制作:ufotable
評価:HV1280+/855

適度に暗い線でコントラストも高くufotableの中では鮮明に見える方だけど、線の太さのばらつきが大きく、細めの線は黒浮き気味なのでくっきり画質というほどでもないシーンも多い。

少しジャギ感の残る線をぼかして整えたような作りでリサイズでの乱れも少なく、縦855の特徴がわかりやすく残っている。元はこのアニメでもufotable標準サイズ1520x855。

MIX 1話

局:日本テレビ
放送日:2019/04/06
制作:OLM TEAM KOJIMA
評価:HV1280+/956

基本しっかり暗い線の高コントラスト映像だけど、彩度抑えめで画面上部が明るいグラデーションやぼかしなど線が黒浮きする効果を多用しているので全体で見るとくっきり画質というほどのメリハリはない。細かい描写もたまにあるけれど情報量より線のなめらかさを活かしたような作りに見える。

ジャギ感がないわけではないけれど、全体に線の輪郭がとてもなめらかで局所的にはフルHDと誤認しそうな特徴も残っている。リサイズで長い周期のゆらぎが出て解像度を示す特徴がはっきりせず苦労したけれど、細かい描写のあるカットに縦956のジャギがあり、他の場所も矛盾しない特徴になっているのでこの辺りで間違いなさそう。

整数で16:9にならず1700x956辺りの中途半端なサイズ。

妖怪ウォッチ! 1話

局:BSテレ東
放送日:2019/04/06
制作:OLM TEAM INOUE, マジックバス
評価:HV1280+/820

テレビ東京での録画に失敗していたのでBSでチェック。

黒に近い太めの線のくっきり画質は相変わらずだけど、少しジャギ感が出て前シリーズより粗い絵に変わっている。リサイズでの乱れはないけれど縦820辺りと、整数で16:9になる1456x519よりわずかに大きいの中途半端なサイズ。確認したカットの大半はこの数字になっているけれど微妙にずれて見えるところもあり、作品数が多くサイズもバラバラなOLMなので異なる特徴のカットが混ざっているかも。

3DCGのEDは素直な1440x810のサイズで作られいるように見えるところが断片的にあるものの、
上質なアンチエイリアスと動きの影響での圧縮劣化の多さで十分な精度で確認できるフレームがまったくなく断定できなかった。

2019年4月6日土曜日

けだまのゴンじろー 1話

局:テレビ東京
放送日:2019/04/06
制作:OLM×WIT STUDIO
評価:HVFULL,HV1280

AパートとBパートで作りが異なる混合映像。

Aパートはグラデーション塗りっぽいところもあるけれど、基本ベタ塗りっぽく見える精細感十分の高コントラストのすっきりくっきり画質。線の輪郭も鋭利で縦1080の特徴がわかりやすく残っている文句なしのフルHD制作映像。

Bパートになると線も黒というほど暗くなく、どこかはっきりしないソフトな映像に変わる。Aパートと比較しなければ気になるほどではないけれど、続けて見ているとボケた感じがする。リサイズでの乱れはないけれど作りも少し雑な印象で、縦720の特徴がはっきり見えるHV1280。

デジタル作画で動画より変形アニメが目立つCパートは縦1080の特徴が残っていて映像としてフルHD制作。ただはっきりしない輪郭のカットも多く素材となる絵の解像度が不足しているところがありそう。

OPはAパートと同等。実写ストップモーションアニメっぽいEDもおそらくフルHD。



ひとりぼっちの○○生活 1話

局:TBS
放送日:2019/04/05
制作:C2C
評価:HV1280+/810

若干彩度高めでしっかり暗い線のくっきり画質。線の輪郭もなめらかに見えるところが多いけれど、人物が小さく描かれるカットでは通常より絵を縮小して使っている分ジャギ感強めの線が残っているカットもちらほら。

リサイズでの乱れも少なく、縦810の特徴がきれいに残っていて1440x810のHV1280+。2018年のはるかなレシーブに続いて1440x810を維持しているC2C。

みだらな青ちゃんは勉強ができない 1話

局:TBS
放送日:2019/04/05
制作:SILVER LINK.
評価:HV1280+/810

若干明るめの線で彩度も気持ち低めなので落ち着いた質感のHD画質に見える。

なめらかに見える輪郭で線の輪郭は鋭利ではないけれど、リサイズでの乱れも少なく縦810の特徴がわかりやすく残っている1440x810のHV1280+。

川柳少女 1話

局:TBS
放送日:2019/04/05
制作:CONNECT
評価:HV1280+/873

変則的な枠の使い方が増えてきたので15分相当のアニメもできるだけチェック。

画面全体での輝度グラデーション効果などで部分的にあまり黒くない線もあるけれど、酷い黒浮きはなく鮮明さは十分。緻密な絵という印象ではないものの、小さく描かれる要素では細かい描写も多く精細感もまずまず。

比較的鮮明なカットで見ると縦873の特徴が確認できるカットが多く、元は1552x873のHV1280+。整数で16:9になる1552x873は長くディーン標準で使われた後、正確に873でないものも含め、
この辺りのサイズを使う制作が異様に増えている。

フルーツバスケット 1話

局:テレビ東京
放送日:2019/04/05
制作:トムス・エンタテインメント
評価:HV1280

基本若干太めで線で適度に暗く見えるところが多く十分鮮明画質に見えるけれど、線の太さのばらつきで細い線では黒浮きしているところもちらほら。

どちらかというと鮮明さ優先のりサイズで拡大した周期的なゆらぎがあり、環境によっては粗い絵に見えてしまうこともありそう。それでも線の乱れは少なく1280x720以上と思えるところも多いのでプラスの効果になっている印象。

特に細いには縦720のジャギがわかりやすく残っていて今回はHV1280のトムス。

BAKUMATSUクライシス 1話

局:TBS
放送日:2019/04/04
制作:スタジオディーン
評価:HV1280+/918


全体では低コントラストな映像ではないけれど、明るさを抑えた多く地味な印象。

線の微妙な輪郭の特徴から解像度推定するあに瓶固有の問題だけど、どのカットもズームやパンなどのカメラワーク的な動きがある映像は圧縮劣化で線が荒れやすく調べるに都合が悪い。ただカメラ動きまくり映像はその理由に動画が少ないから?という例が多く、このアニメも動画的にはほとんど動かないカットが大半なので、比較的安定したフレームを選べば十分な精度で判断できるところが複数見つかる。

ジャギがはっきり見える幸い非常に細かい描写のカットもあり縦は918で間違いなさそう。今回もディーンの新標準1632x918のHV1280+。

デジタル作画のおまけ的CパートはフルHDで作られていた。

叛逆性ミリオンアーサー 11話

局:TOKYO MX
放送日:2019/04/04
制作:J.C.STAFF
評価:HV1280+/900?

1話同様、縦900辺りの特徴が散見される中縦1080に見える特徴もあるカオスな特徴。

背景のジャギがはっきり見えるCG画像では縦900の特徴が強く残るものの、上げ底画質としては出来が良すぎて元が1600x900か判断できないところも多く、ちゃんとフルHD撮影しているカットも混ざっているかも?と思えてくるカットも多かった。
完成映像から処理過程を推定するのが不可能に近くなっているのでJCの一部作品は対象外にした方がいい状況かもしれないけれど、もう少し悪あがきしてみたい、と言いつつ?付き評価。


この世の果てで恋を唄う少女YU-NO 1話

局:TOKYO MX
放送日:2019/04/03
制作:feel.
評価:HV1280

線の黒さのばらつきが大きめだけど、大半は適度に暗い線のあまり癖のない鮮明HD画質。

乱れているというわけではないけれど、線の輪郭が荒目で過剰なすっきり感とかつるつる感が軽減されている印象。

リサイズでの乱れは特になく縦720の特徴がはっきり残っていて、今回もHV1280のfeel.。

ダイヤのA actⅡ 1話

局:テレビ東京
放送日:2019/04/02
制作:マッドハウス
評価:HV1280

基本くっきり画質だけど、輝度グラデーションで上部が明るくなっている。若干ジャギ感の残る線ですっきり感の弱い絵はマッドハウスで良く出てくる特徴。

前シリーズから数年空いたけれど縦720の特徴がわかりやすく残っていて、引き続きHV1280で再開。

爆丸バトルプラネット 1話

局:テレビ東京
放送日:2019/04/02
制作:スタジオ雲雀
評価:HV1280+/931

黒に近い線の高コントラストすっきりくっきり画質。

線の輪郭がはっきりしていてリサイズでの乱れも少なく、どこを見ても縦931の特徴がきれいに残っている。雲雀&ラルケで3作品目だけど、整数で16:9にならない1655x931辺りの中途半端なサイズ。

拡大時に欠けたと考えたくなる数字だけど、完成映像的には縦931がスタジオ雲雀のHV1280+標準と言ってもよさそう。

スター☆トゥインクルプリキュア 1話

局:テレビ朝日
放送日:2019/02/03
制作:東映アニメーション
評価:HV1280+/900, HVFULL(ED)

黒というほど暗くない線で太さもばらつきが大きく、細い線では黒浮きも多いのでメリハリのないちょっとソフトな絵に見える。

リサイズでの乱れも少なく、特に細い線ではジャギ感の残っているところが多いので縦900の特徴もわかりやすい。今年も変わらず元は1600x900のHV1280+。

圧縮劣化で十分な精度での確認が難しいけれど、CGのEDは今年もフルHDを維持している。

ピアノの森 13話

ピアノの森 13話

局:NHK-G
放送日:2019/01/27
制作:ガイナ
評価:?

1話と異なり縦720よりかなり上に見える線もあるけれど、細かい描写が異様に少なかったり、線に奇妙な周期的なねじれっぽいゆらぎがあるなど、線の輪郭が変化するような鮮明化フィルタを使ったような奇妙な特徴に変わっている。近い特徴はSD制作アニメの強引なアプコンBDなどで何度か見た気がするけれど、元解像度を推定できるような特徴がほとんどない。

1話同様、元は1280x720でそれをあまり賢くない手法で鮮明化すれば似たような特徴の映像にはなりそうだけど、憶測でしかなく何の根拠も見いだせないので今回はお手上げ。

デート・ア・ライブⅢ 3話

局:TOKYO MX
放送日:2019/01/25
制作:J.C.STAFF
評価:HVFULL?

3話まで見る限りフルHD撮影カットが存在するのは間違いなさそうだけど、フルHD撮影していれば潰れないはずの細かい描写が潰れているところの方が多く、全体をフルHDで作っているとは思えないし、仮にそうだとするとかなりもったいない映像になってしまっている。

ただ複数のカットで共通した特徴としては縦1080の数字しか見い出せず、今回は不適切ながら?付きのHVFULL評価で妥協。

2019年4月1日月曜日

放送中アニメ評価一覧 2019年4月~6月

2019年4月~6月の放送中アニメ評価一覧です。

2019年1月~3月の一覧はこちら

作品名評価
異世界かるてっとHVFULL?
ワンパンマン 第2期HVFULL?
超可動ガール1/6HVFULL?
けだまのゴンじろーHVFULL
HV1280
MIXHV1280+/956
なむあみだ仏っ!-蓮台 UTENA-HV1280+/955.5
爆丸バトルプラネットHV1280+/931
BAKUMATSUクライシスHV1280+/918
この音とまれ!HV1280+/900
叛逆性ミリオンアーサーHV1280+/900?
八月のシンデレラナインHV1280+/878?
川柳少女HV1280+/873
RobiHachiHV1280+/871
ぼくたちは勉強ができないHV1280+/864
ストライクウィッチーズ 501部隊発進しますっ!HV1280+/864?
さらざんまいHV1280+/861
鬼滅の刃HV1280+/855
妖怪ウォッチ!HV1280+/820
賢者の孫HV1280+/810
世話やきキツネの仙狐さんHV1280+/810
群青のマグメルHV1280+/810
ひとりぼっちの○○生活HV1280+/810
みだらな青ちゃんは勉強ができないHV1280+/810
続・終物語HV1280
KING OF PRISM -Shiny Seven Stars-HV1280
文豪ストレイドッグスHV1280
キャロル&チューズデイHV1280
真夜中のオカルト公務員HV1280
Fairy goneHV1280
消滅都市HV1280
デュエル・マスターズ!!HV1280
フルーツバスケットHV1280
この世の果てで恋を唄う少女YU-NOHV1280
ダイヤのA actⅡHV1280

2019年1月15日火曜日

けものフレンズ2 1話

局:テレビ東京
放送日:2019/01/14
制作:TOMASON
評価:HV1280+/900, HVFULL(ed)

精細感まずまずだけど輪郭線が全体に黒浮き気味でくっきり感は弱め。CGらしいはっきりとしたジャギが見えるところが少なく線の輪郭が異様になめらかになっているけれど、逆にきれい過ぎてCGっぽいさが強調された感じがしないでもない。

少しぼかしたような絵だけど、細い線や間隔の狭いところではジャギも断片的に確認でき、縦は900で間違いなさそう。元は1600x900のHV1280+。

EDは縦1080の特徴がきれいに残っているところがありフルHDで作られている。

聖闘士星矢 セインティア翔 1話

局:BSアニマックス
放送日:2018/12/24
制作:GONZO
評価:HV1280+/927

製作東映アニメーションでもアニメーション制作はGONZOの組み合わせ。調べるのに時間がかかりそうな難解な特徴で後回しにしていたこれをチェック。微妙なタイミングでのスタートだけど2019冬扱い。

適度に暗い線の高コントラストすっきりくっきり画質が基本だけど、大半のカットで画面上部のコントラストが下がるグラデーションが掛かっているとか、線の太さのバラツキが大きく黒浮きが目立つカットもあり、全体で見るとややソフトな印象の映像に見えるシーンが多い。

線の輪郭が非常になめらかでジャギ感がほとんどなく、細かい描写も少ないので解像度推定に使える特徴が少ない。それでも注意深く鮮明なカットを探し出して丁寧に調べてみると縦927の特徴が複数フレームで見つかり、元は整数で16:9になる1648x927のHV1280+。

2019年1月14日月曜日

賭ケグルイ×× 1話

局:TOKYO MX
放送日:2019/01/13
制作:MAPPA
評価:HV1280+/806

少しぼかした感じの輪郭がソフトな太めの線だけど、しっかり暗いので見た目の鮮明さは十分。

はっきりした特徴が見えないところが多いけれど、人物が小さく描かれるカットでは解像度限界でジャギがはっきり見えるところが残っている。それ以外の場所もリサイズでの乱れは少ないのでシャープフィルタで補正すると解像度推定には十分な特徴が確認でき縦は806。810より少し小さい中途半端なサイズのHV1280+。

1期は1440x810だったので元は同じサイズで拡大時に欠けた可能性が高そう。どろろも同じ縦806で今期のMAPPA絡みの2作品は同じ数字になっている。

荒野のコトブキ飛行隊 1話

局:TOKYO MX
放送日:2019/01/13
制作:GEMBA
評価:HV1280+/844

普通の作画と3DCGが混ざった状態で、どちらもしっかり暗い線のすっきりくっきり画質になっているけれど、絵の差は歴然としていて容易に判別できる違和感がある。1フレーム内で混ざっているところで見るとCG線の方が細めで細かい描写が黒浮きしやすいのに対し、手描き線は若干太めでメリハリのある絵になっているところが多い。

特にCGはジャギ感が強い線なので数えやすいけれど、全体に共通して縦844の特徴が残っていて1500.5x844辺りの整数で16:9にならない中途半端なHV1280+。

2019年1月13日日曜日

えんどろ~! 1話

局:TOKYO MX
放送日:2019/01/12
制作:Stidio五組
評価:HV1280

少し色味のある線でも適度に暗く明るい癖のないすっきり鮮明HD。

なめらかに見える輪郭でジャギ感はほとんど感じないけれど細かい描写では解像度限界で階段状のジャギが残っているところあった。

リサイズでの乱れもほとんどなく、縦720の特徴が綺麗に残っていて、今回もHV1280の五組。

かぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦~ 1話

局:TOKYO MX
放送日:2019/01/12
制作:A-1 Pictures
評価:HV1280+/874

細めの線でもしっかり暗く、精細感十分の高コントラストすっきりくっきり画質。制服のデザインが質素なこともあって人物の描写に使われる線はあまり多くないけれど、背景などでは細かい描き込みが多く、極端に緻密な絵になってるところも出てくる。

そんな背景部分は特にわかりやすいけれど、リサイズでの乱れも少なく整数で16:9にならない縦874のジャギが残っている。1552x873は整数で16:9になるけれど、それより縦1大きい。

A-1では873辺りを中心にバラバラの数字が出てくるので、特定のサイズで作った絵が拡大時に少し切れたという推定では不自然な気もする。映像から判断できない領域なので何を言っても憶測になるけれど、A-1の場合は雑な拡大処理で欠けたというわけではなく、最終的なサイズを厳格に決めずに作った結果微妙な差が出ているだけかもしれない?

バミューダトライアングル~カラフル・パストラーレ~ 1話

局:TOKYO MX
放送日:2019/01/12
制作:セブン・アークス・ピクチャーズ
評価:HV1280+/837.5

線もしっかり暗い高コントラストのすっきりくっきり画質。グラデーション塗りも少なく、視覚効果もあまり使ってないベタ塗り感の強い絵になっている。

線の輪郭がソフトに仕上げられていて解像度推定が難しいけれど、少しシャープフィルタで補正すると縦873.5辺りの特徴が残っている。

魔法少女特殊戦あすかと違い、縦838の情報が残っているかよくわからない。元が整数で16:9になるサイズ1488x873でリサイズ時に僅かに引き伸ばされたのか、もう少し大きなサイズ作られた絵が切れて偶然837に非常に近い特徴になったのか判断できなかった。

いずれにせよ、ここで調べた中ではセブン・アークス・ピクチャーズ初のHV1280+。

魔法少女特殊戦あすか 1話

局:TBS
放送日:2018/01/11
制作:ライデンフィルム
評価:HV1280+/838

作画時の太さのばらつきをそのまま残した線で細いところでは黒浮きも見えるけれど、基本しっかり暗い線のすっきり鮮明画質。

リサイズでの乱れも少なく、比較的線の輪郭が鋭利でジャギ感も多少残っていて、縦838の特徴が残っている。整数で16:9になる1488x837より縦1ピクセル分大きいけれど、上下隅の状態を見る限り縦838ライン分の絵がちゃんと残っているように見える。元が1488x837でリサイズ時に微妙に引き伸ばされて838のように見えるわけではないので、撮影はもう少し大きなサイズだった可能性が高そう。

ドメスティックな彼女 1話

局:TBS
放送日:2019/01/11
制作:ディオメディア
評価:HV1280

十分暗い線に見えるところが多いけれど、コントラスト高めの明るい絵でも少しソフトな輪郭でくっきり感は強くない。

輪郭が滑らかな線に見えるけれど、極端に細い線には解像度限界で縦720の乱れのないジャギが残っているところも多く、今回もHV1280のディオメディア。

デート・ア・ライブⅢ 1話

局:TOKYO MX
放送日:2019/01/11
制作:J.C.STAFF
評価:?

前シリーズの今はなきプロダクションアイムズからJCになり、線もしっかり暗い高コントラストの鮮明な絵に変わった。特に背景では精細な描写も多くなっている。

今回もJCらしいカオスな特徴で、CGで作られた部分にはフルHD撮影でないと実現できないような縦1080の特徴が残っているところもあるけれど、通常の作画では縦940に届かないくらいに見えるカットもみつかる。

全体に線の輪郭が異様に滑らかでなかなか高精度での判別ができず、カットによって解像度が違うように見えたりいつも以上に難解。時間をかけてもよくわからないという結論しか出ないかもしれないけれど、継続調査ということで保留。

B-PROJECT ~絶頂*エモーション~ 1話

局:TOKYO MX
放送日:2019/01/11
制作:BN Pictures
評価:HV1280+/809

少し赤が強めな印象の彩度高めのべた塗り気味のくっきり画質。ジャギ感の強い絵で線の輪郭が荒れているところが多いので、普通に見ていても粗さを感じる環境が多くなりそう。

前シリーズのA-1からBN Picturesに変わったけれど、縦809で810に1足りない中途半端な特徴でも少し高解像度の映像になった。元は1440x810で少し欠けたパターンだろう。

グリムノーツ The Animation 1話

局:TBS
放送日:2019/01/10
制作:ブレインズ・ベース
評価:HV1280

明るさを抑えたシーンが多いけれど、細めの線でも適度に暗くすっきり鮮明画質に見える。滑らかな線に見えるところが多いけれどジャギ感の残る絵で、特に細かい描写では階段にガタガタの線も僅かに残っていた。

リサイズでの乱れも少なく、どこを見ても縦720のジャギがわかりやすいHV1280。

五等分の花嫁 1話

局:TBS
放送日:2019/01/10
制作:手塚プロダクション
評価:HV1280+/847

鮮明に見えるカットも多く、細めの線が多く精細感はまずまず。ただ黒浮き気味のところも目立ちくっきり感のないはっきりしないシーンも少なくない。

軽いぼかし効果のあるカットも多いけれど、比較的鮮明なカットを見るとジャギ感の残る線になっていて、位相で見ると縦847に見える。絵の上下隅を見ると微妙に引き伸ばされているようにも見えるので、元はちゃんと16:9になる1504x846の可能性が高そう。

手塚プロダクションのテレビアニメでは、多分初のHV1280+。

約束のネバーランド 1話

局:フジテレビ
放送日:2019/01/10
制作:CloverWorks
評価:HV1280

明るさ抑えめで線も黒というほど暗くないけれど、ボケ感がない程度には鮮明に見える。

線の輪郭がソフトではっきりした特徴が少ない映像だけど、リサイズでの乱れはほとんどなく、
線間隔が狭いところには乱れのない縦720のジャギが残っているHV1280。

CloverWorks名義ではHV1280+が続いていたけれど、あっさり1280x720に退化。

ガーリー・エアフォース 1話

局:TOKYO MX
放送日:2019/01/10
制作:SATELIGHT
評価:HV1280+/871

線もしっかり暗く高コントラストのすっきりくっきり画質。細い線が少なく輪郭も少しソフトに仕上げているので人物中心のカットでは精細な印象は弱いものの、背景やCG要素では細かい描写が多くなっている。

特にCGで作られた部分がわかりやすいけれど、通常のアニメ作画含めて縦871の特徴がわかりやすく残っていて、整数で16:9にならない1548.5x871辺りのHV1280+。

同居人はひざ、時々、頭のうえ。 1話

局:TOKYO MX
放送日:2019/01/10
制作:ゼロジー
評価:HV1280

線があまり暗くなく場所によって黒さのばらつきも大きいけれど、演出的な効果を除けば極端な黒浮きは少なく十分鮮明に見える。

リサイズ品質もまずまずで滑らかな線に見えるけれど、ややジャギ感の強い絵をぼかして整えたような特徴で、拡大してみると縦720のジャギがはっきり見えるわかりやすいHV1280になっている。

2019年1月11日金曜日

盾の勇者の成り上がり 1話

局:TOKYO MX
放送日:2019/01/09
制作:キネマシトラス
評価:HV1280+/847

明るさを抑えている上に暗いシーンが多く、グラデーション効果も多用しているので全体に暗い。彩度も低めで地味な映像になっている。

なめらかな輪郭ではっきりした特徴が見えないところも多いけれど、リサイズでの乱れが非常に少なく、比較的鮮明なカットを選んで確認すると縦847の特徴が綺麗に残っていて、元は1506x847辺りの中途半端なサイズ。

キネマシトラスは2017年以降3作品続けて縦847なので、これが標準サイズになっているようだ。

revisions 1話

局:フジテレビ
放送日:2019/01/09
制作:白組
評価:HV1280

モデル作るの面倒という理由なのか一部普通のアニメのシーンはあるけれど、大半は3DCGの映像。

コストやすそうなぼかし的アンチエイリアスで誤魔化しているので気になるところは多くないけれど、ジャギ感の強い絵なので細かい描写ではガタガタな線が見えてしまうところもちらほら。

リサイズでの乱れもなく、どこを見ても縦720のジャギがはっきり見える非常にわかりやすいHV1280。

バーチャルさんはみている 1話

局:TOKYO MX
放送日:2019/01/09
評価:HVFULL, HVFULL-HALF


基本フルHDで作られているCG映像だけど、一部縦が半分の540になっているところが混ざっていた。

明治東亰恋伽 1話

局:TOKYO MX
放送日:2019/01/09
制作:トムス・エンタテインメント/V1 Studio
評価:HV1280+/810

効果で線があまり黒くないところも多いけれど、適度に暗い線で十分鮮明にに見えるシーンが多く彩度低めの落ち着いた質感。細めの線が多く精細感もまずまず。

線の輪郭が鋭利でリサイズでの乱れも少なく、縦810の特徴が綺麗に残っている1440x810のHV1280+。

2019年1月10日木曜日

ケムリクサ 1話

局:TOKYO MX
放送日:2019/01/09
制作:ヤオヨロズ
評価:HV1280

後処理で線の輪郭の粗さを削っているのか、なめらかな線に見えるところが多いけれど、細かい描写や線間隔の狭いところは激しくジャギって、本来線になるところが点線になってしまっているところもある。けものフレンズも似た作りだったけど、ユニーク特徴なので欠点と言いたくなるような要素が逆にヤオヨロズらしい絵になる理由の一つになっているかも。

リサイズでの乱れは少なく、どこを見ても縦720のジャギがはっきり確認できるわかりやすいHV1280。

3D彼女 リアルガール 13話

局:日本テレビ
放送日:2018/01/08
制作:フッズエンタテインメント
評価:HV1280+/900

線があまり黒くないけれど細めの線でも黒浮きが気になるところは少なく、相変わらずかなり明るい絵なので十分鮮明に見える。極細ではないけれど、細めの線で精細感もまずまず。輪郭もソフトで細かい描写でもジャギ感がほとんどない。

リサイズでの乱れも少なく縦900の特徴がはっきり残っていて、1話から変化なく元は1600x900のHV1280+で再開。

私に天使が舞い降りた! 1話

局:TOKYO MX
放送日:2019/01/08
制作:動画工房
評価:HV1280

色味のある線でもコントラスト高めのすっきり鮮明画質。撮影までの工程含めリサイズでの乱れが少なく全体に線の輪郭がなめらかに見える。ただ拡大してみると全体にジャギ感が強めで細かい描写が潰れ気味なところが多い。

どこを見ても乱れのない縦720の特徴が綺麗に残っているとてもわかりやすいHV1280。最近は1440x810が多い動画工房だけど、久しぶりに1280x720に戻ってしまった。

サークレット・プリンセス 1話

局:TOKYO MX
放送日:2019/01/08
制作:SILVER LINK.
評価:HV1280+/812?

しっかり暗い線で彩度高めのくっきり画質。線の輪郭がなめらかに仕上げているところが多いけれど、一部輪郭が鋭利で少し粗さを感じる線になっているところが混ざっていた。色収差再現フィルタで画面の周辺部が色ずれしている。

リサイズで乱れているわけではないけれど、縦810辺りの特徴が広範囲に残っているのに正確に810と断定できるようなところがなく微妙に大きいように見える。画面下部が微妙にボケたカットが多く断定できるほどの確信はないけれど、810よりわずかに大きく812くらいに見えるところが多い。

仮に元が1440x810だとすると、足りない分僅かな黒帯が出たり絵が引き伸ばされたりするはずだけど、そのような特徴は見つからないので1440x810より大きなサイズで作っていることになる。812も初ではないけれどSILVER LINK.では初なので?付きで2話以降で再検証。

2019年1月8日火曜日

ぱすてるメモリーズ 1話

局:TOKYO MX
放送日:2019/01/07
制作:project No.9
評価:HV1280

線も極端に黒くなく明るさ彩度抑えめで地味な絵に見えるシーンが多い。映像ではそれほど粗い感じはしないけれど、ジャギ感強めの絵をぼかして整えたような特徴で、ちょっと雑な作りに見えてしまう。

リサイズでの乱れは少なく、少しシャープフィルタで補正すると縦720のジャギがはっきり見える
わかりやすいHV1280。

モブサイコ100Ⅱ 1話

局:TOKYO MX
放送日:2019/01/07
制作:ボンズ
評価:HV1280

太く黒に近い線のボンズの中でも極端なくっきり画質は1期と大差なし。バランス志向というほどではないけれど、今回は鮮明さを欲張ったリサイズは使っていない。

鋭利な輪郭の線なので少し周期的なゆらぎはあっても縦720の特徴がわかりやすく残っていて、引き続きHV1280。

どろろ 1話

局:TOKYO MX
放送日:2019/01/07
制作:MAPPA/手塚プロダクション
評価:HV1280+/806

適度に暗い線の鮮明画質だけど、若干明るさを抑えて落ち着いた質感に見える。粗さを感じるほどではないけれど、ややジャギ感の強い線で拡大すると階段状の特徴が見えるカットが多い。

リサイズでの乱れは少ないけれど、縦810に近い特徴でも少しずれれていて縦806辺り。

中途半端だけど縦806は今季のBanG Dream! 2nd Season含めサンジゲンを中心に何度も出てきた数字。

不機嫌なモノノケ庵 續 1話

局:TOKYO MX
放送日:2019/01/06
制作:ぴえろプラス
評価:HV1280+/810

しっかり暗い線の高コントラストくっきり画質。

前シリーズから2年空いたけれど、鮮明なカットではリサイズでの乱れの少ない縦810の特徴がはっきり残っていて、1440x810のHV1280+で変化なし。

W'z≪ウィズ≫ 1話

局:TOKYO MX
放送日:2019/01/05
制作:GoHands
評価:HVFULL

ハンドシェイカーの続編的な内容っぽいけれど、GoHandsらしい独特な色のくっきり精細画質。

画質との関係性は弱い話だけど、ズームやパンなどのカメラワーク的動きのあるカットが異様に多く、微妙な動きでも放送では圧縮劣化で輪郭が荒れやすいので、微妙な特徴から解像度を推定するここでは都合が悪い。

幸いカメラが静止したカットもそれなりにあり、そのフレームでは縦1080のジャギがはっきり残っていて今回もフルHD制作。

エガオノダイカ 1話

局:WOWOWプライム
放送日:2019/01/04
制作:タツノコプロ
評価:HV1280

適度に暗い線で癖のない高コントラストすっきりくっきり画質。細めの線でも黒浮きが少なく精細感もまずまず。

線の輪郭もなめらかで環境によっては高精細っぽい映像に見えることもありそうだけど、拡大して見ると細めの線には乱れのない縦720の特徴が綺麗に残っていて、今回もHV1280のタツノコプロ。

1920x1080放送のWOWOWでも横方向のりサイズ跡がはっきり残っていて横1440経由ソースでの放送だった。

ブギーポップは笑わない 1話

局:TOKYO MX
放送日:2019/01/04
制作:マッドハウス
評価:HV1280

適度に暗い線の鮮明画質が基本だけど、線が黒浮き気味のカットも多く色ずれ効果を多用しているのでメリハリのない印象のシーンが目立つ。

線の輪郭は比較的鋭利でリサイズでの乱れもなく、縦720の特徴がきれいに残っているわかりやすいHV1280。映画では1440x810もあったけれど、テレビアニメでは1280x720から動く気配がないマッドハウス。

BanG Dream! 2nd Season 1話

局:TOKYO MX
放送日:2019/01/03
制作:サンジゲン
評価:HV1280+/806

前シーズンから制作が変わって3DCG化。

極端に線間隔が狭いところではそれなりにジャギ感は残っているけれど、比較的丁寧なアンチエイリアスで線の輪郭が全体になめらかに見える。ただ輪郭がソフトで細い線の黒浮きも目立ち、どこかはっきりしない絵に見えてしまうカットも多い。

縦810に近い特徴が残っているけれど、微妙に足りず縦は806。元は1440x810で拡大時に少し欠けたパターンだろう。

叛逆性ミリオンアーサー 1話

局:TOKYO MX
放送日:2018/10/25
制作:J.C.STAFF
評価:HV1280+/900

人物の大きさで線の太さに差はあるものの、しっかり暗い線のすっきりくっきり画質。

線の輪郭に注目すると縦1080の特徴が残っているところが多く、フルHD撮影しているようにも見えるけれど、線間隔の狭い描写では縦900の特徴が強く出ているカオスな作り。その特徴から考えて元は1600x900の映像を1920x1080に拡大してからフィルタ処理で線の輪郭がなめらかになるような加工をしたものだろう。

JCでは過去にも似たような特徴の映像があり以前から使っていた手法だけど、細かい描写がない絵だとフルHD撮影なのかフィルタ処理での上げ底映像なのか判別が難しく、このパターンの映像が増えると見抜けないパターンも多くなりそう。