2017年7月23日日曜日

ザ・リフレクション 1話

局:NHK-G
放送日:2017/07/22
制作:スタジオディーン
評価:HV1280+/873, HVFULL(edのみ)

極太線で緻密さのない絵でも線の輪郭は鋭利で1280x720クラスの映像でないとすぐに分かるくらいのメリハリがあり、細かい描写もそれなりにある。

若干周期的な揺らぎが出ているものの、縦873の特徴がわかりやすく残っていて、元は今回もディーン標準1552x873。

動画でなく実写加工中心の本編以上にデジタル臭の強いEDはディーン製ではないけれど、縦1080の特徴がきれいに残っていてフルHDで作られている。

2017年7月16日日曜日

戦姫絶唱シンフォギアAXZ 3話

局:TOKYO MX
放送日:2017/07/15
制作:サテライト
評価:HV1280+/871

1話より線の輪郭がはっきりしたカットが多かったのでこれも再確認してみたところ、1話で縦871.5
とした数字ほど微妙ではなく、ほぼ正確に871の特徴が残っているようなのでHV1280+/871に訂正。

整数値しか存在しないビットマップ画像で0.5の誤差は無視して問題ないものの、リサイズ+トリミングなど理屈上非整数になる処理も可能で、実際の映像でも位相で見ると非整数の特徴が残っている例が多く、ここでは比較的容易に確認できる0.5ピクセル単位で調べています。

Fate/Apocrypha 3話

局:TOKYO MX
放送日:2017/07/15
制作:A-1 Pictures
評価:HV1280+/872

3話は1話より線の輪郭がはっきりしたくっきり絵のカットが多く特徴がわかりやすくなった。

縦873に十分近いけれど僅かにズレがあり872と1少ない。横1440の放送でも横方向の特徴が良く残っていて、こちらも1552より1少なく1551になっている。元は1552x873で作られた映像が拡大時に僅かに欠けて1551x872辺りの中途半端な数字になったパターンだろう。

2017年7月15日土曜日

無責任ギャラクシー☆タイラー 1話

無責任ギャラクシー☆タイラー 1話

局:tvk
放送日:2017/07/14
制作:セブン
評価:HV1280

評価のみ

地獄少女 宵伽 1話

局:TOKYO MX
放送日:2017/07/14
制作:スタジオディーン
評価:HV1280+/873

作画の方が気になってしまうけれど、線の輪郭も鋭利な高コントラストのすっきりくっきり画質。線はそれほど細くなく、絵も簡素なので精細感はそれほど強くないものの、輪郭は非常に滑からで、映像と見ても高解像度映像とわかるメリハリがある。

リサイズでの乱れも少なく、どこを見ても縦873の特徴がきれいに残っていて、今回も元は1552x873のディーン標準。

バチカン奇跡調査官 1話

局:TOKYO MX
放送日:2017/07/14
制作:J.C.STAFF
評価:HV1280+/900, HVFULL


彩度低めで暗い絵がほとんどでも線は十分はっきりしているので鮮明さはまずまず。背景を中心に緻密な絵も多いけれど、ほとんどのカットがパンやズーム、さらに回転などのカメラの動きのある見てて疲れる映像。動画のなしでカメラだけ動く背景中心のカットが多いので、アニメーションというより動く紙芝居と言いたくなるシーンも多い。

比較的安定しているカットで見ると縦900の特徴が残っていて、元は1600x900のHV1280+のようだ。動画のないカットの方が多い感じだけど縦1080の特徴が残っているフルHDのカットも僅かにあって、今回も場所によって異なるJCカオスな特徴。

ゲーマーズ! 1話

局:TOKYO MX
放送日:2017/07/13
制作:PINE JAM
評価:HV1280

黒に近い線のくっきり画質。意図的にやっているのだろうけど線の輪郭が少し荒れてガサついた感じになっている。その影響でアップのカットは線が太めなのでそれほど気にならないけれど、人物が小さく描かれるカットは線が細くなっているので、線の荒れが目立ち少し汚い絵に見えてしまうところがちらほら。

その特徴の影響でわかりにくいけれどリサイズでの乱れは少なく、十分縦720と断定できる特徴は残っていてこれもHV1280。

2017年7月13日木曜日

異世界はスマートフォンとともに。 1話

局:BS11
放送日:2017/07/12
制作:プロダクション リード
評価:HV1280+/810

BS先行なのでBS11でチェック。

演出でコントラストを抑えたシーンもあるけれど、基本は線もしっかり暗い高コントラストのすっきりくっきり画質。特別精細さが強い絵ではないものの、比較的鮮明な線の輪郭でも十分滑らかに見える。

リサイズでの乱れも少なく、鮮明なカットはどこを見てもきれいに縦810の特徴が残っている1440x810のHV1280+。

例によってBS11の映像も横1440経由のソースで横方向のリサイズ跡がある。

はじめてのギャル 1話

局:TOKYO MX
放送日:2017/07/12
制作:NAZ
評価:HV1280

黒に近い線で輪郭強調気味になっているくっきり画質。粗く見える環境は少ないだろうけど、これも鮮明さ優先のリサイズで拡大した影響で線に周期的な揺らぎが残っている。

それでも線が崩れるほどではなく縦720の特徴もわかりやすく残っていて、これもHV1280。

ようこそ実力至上主義の教室へ 1話

局:TOKYO MX
放送日:2017/07/12
制作:ラルケ
評価:HV1280


細めの線もしっかり暗く、精細感もまずまずのすっきりくっきり画質。

滑らかな線に見えるところも多いけれど、細すぎて解像度限界で線にジャギ感の残っている。細かい描写も階段状のジャギがはっきり見えてしまうところがあるなど、環境によっては粗さが見えてしまうこともありそう。

元々ジャギ感の強い線でリサイズでの乱れは非常に少ないのでどこを見ても非常にきれいに縦720の特徴が残っていて、これはHV1280。

ノラと皇女と野良猫ハート 1話

局:TOKYO MX
放送日:2017/07/12
制作:ダブトゥーンスタジオ/DMM.futureworks
評価:HVFULL


最初からPC上で作画したような動画らしい動画が少なく動きも微妙なデジタル作画っぽい作りではそれほど珍しくないけれど、フルHDで作られている。

てーきゅう 97話

局:TOKYO MX
放送日:2017/07/12
制作:ミルパンセ
評価:HV1280+/900

評価のみ

クリオネの灯り 1話

局:TOKYO MX
放送日:2017/07/12
制作:?
評価:HV1280+/810

評価のみ

イケメン戦国 時をかけるが恋ははじまらない 1話

局:TOKYO MX
放送日:2017/07/12
制作:トムス・ジーニーズ トムス・エンタテインメント
評価:HVFULL

若干簡素なCGだけどフルHD。予告辺りのアニメ絵は元絵の解像度が足りているか微妙ながら映像事態はフルHDサイズで作っているようだ。

カイトアンサ 1話

局:TOKYO MX
放送日:2017/07/12
制作:天狗工房
評価:HV1280

評価のみ

2017年7月12日水曜日

魔法陣グルグル 1話

局:テレビ東京
放送日:2017/07/11
制作:Production I.G
評価:HV1280+/864

太い線が多く精細な絵という感じではないものの、線の輪郭も鋭利で見た目にも高解像度な映像な印象。

作画時の線の影響か特別滑らかな線というわけではないけれど、リサイズの乱れも少なく、どこを見ても縦864の特徴がわかりやすいIGのHV1280+標準1536x864。

NEW GAME!! 1話

局:TOKYO MX
放送日:2017/07/11
制作:動画工房
評価:HV1280

気のせいかもしれないけれど、1期より少し圧縮劣化が多くなったのか線が少し崩れているカットが
多かった印象。

安定したフレームで見るとリサイズでは特に乱れはなく、1期同様縦720の特徴がきれいに残っているHV1280で変わらず。

天使の3P! 1話

局:TOKYO MX
放送日:2017/07/10
制作:project No.9
評価:HV1280

それなりに鮮明でもいかにも1280x720の低解像度感があるHD画質。

映像で見て粗さを感じるところは少なく輪郭も十分滑らかに見えるけれど、これも鮮明さ優先のリサイズで拡大していて周期的な揺らぎが残っている。

1.5倍に拡大した3ピクセル周期の特徴の方がわかりやすいけれど、縦720の特徴も断片的に残っているHV1280。

妖怪アパートの幽雅な日常 2話

局:TOKYO MX
放送日:2017/07/10
制作:シンエイ動画
評価:HV1280+/810

1話では解像度推定に使えそうなた特徴がほとんど見つからず大雑把な判断も困難だったけれど、2話ではシンエイ動画では見たことがないくらいはっきり(といっても他制作と比べると難解だけど)ジャギが出ているカットがあり、縦810で間違いなさそう。

スカートの中はケダモノでした。 1話

局:TOKYO MX
放送日:2017/07/02
制作:MAGICBUS
評価:HV1280+/864



評価のみ

2017年7月10日月曜日

ボールルームへようこそ 1話

局:TOKYO MX
放送日:2017/07/09
制作:Production I.G
評価:HV1280+/864

細めの線でも適度暗く精細感もまずまずのすっきり画質。黒というほどではないものの線が輪郭強調気味になっているのでくっきり感も十分。

リサイズでの乱れも非常に少なく、線の輪郭がはっきりしているのでどこを見ても縦864の特徴がきれいに残っていて、元はIGのHV1280+標準1536x864。

プリンセス・プリンシパル 1話

局:TOKYO MX
放送日:2017/07/09
制作:Studio 3Hz × アクタス
評価:HV1280

暗めでも高コントラストの映像ながら、ぼかしの影響か線の黒浮きも多い。すっきりした絵にならないように意図的にやっているのかもしれないけれど線の輪郭が荒れ気味で、少し汚い絵に見えてしまうカットも目立つ。

乱れの影響でわかりにくいところが多いけれど、比較的細い線での描写には縦720のジャギがはっきり残っているところが多く、これはHV1280。アクタスはトラブル続きでも1600x900を維持していたので、解像度的にはStudio3Hzな映像と言ったところか。

セントールの悩み 1話

局:TOKYO MX
放送日:2017/07/09
制作:絵梦
評価:HV1280+/830.5

白飛びが目立つ明るすぎる絵で色も不自然になっているけれど、輝度スケールの変換ミスによる事故画質。超過した部分の情報が切り捨てられていないので補正すれば自然な色の絵に戻すことが可能。2話以降修正されるといいけれど、円盤までおかしい事態は回避して欲しいところ。

補正して見ても高コントラストのすっきりくっきり画質で精細感もまずまず。ただ輪郭強調気味の鋭利な輪郭の線なので線の粗さが見えてしまう環境もありそう。

これもリサイズでの乱れは少なく、線の輪郭がはっきりしているのでジャギの特徴もわかりやすく縦は830.5辺りの中途半端な数字。計算では1476.5x830.5程度の情報が残っていることになるけれど、これより大きい整数で16:9になるサイズは1488x837なので、元はこのサイズで拡大時に欠けたパターンか。

830.5という変な数字も初出ではなく、マギシンドバッドの冒険などで既出。偶然かもしれないけれど、この数字になるような同じ処理を行っているのかも。

2017年7月9日日曜日

ひとりじめマイヒーロー 1話

局:TOKYO MX
放送日:2017/07/08
制作:エンカレッジフィルムズ
評価:HV1280

バランスが悪いというほどではないものの線の黒さのバラつきが大きく、特に人物が小さく描かれるカットでは酷い黒浮きが目立つところもちらほら。

ぼかし効果で少しソフトな絵にしているので粗さが気になるところは少ないけれど、鮮明さ優先のリサイズで拡大していて、周期的な揺らぎが強く出ている。

その効果で線に注目すると1280x720より上に見えるところもあるけれど、1.5倍に拡大した3ピクセル周期の揺らぎがはっきり残るタイプのHV1280。

2017年7月8日土曜日

将国のアルタイル 1話

局:TBS
放送日:2017/07/07
制作:MAPPA
評価:HV1280+/810

線の太さのバラ付きで線の暗さに幅があるので、演出的な理由以外でも少し印象が異なるカットはあるもの、精細感もまずまずの鮮明HDに見えるシーンが多い。

コントラスト高めのカットでは高精細な印象になりそうなところもあるけれど、乱れの少ない縦810のジャギがきれいに残っていて1440x810のHV1280+。

メイドインアビス 1話

局:TOKYO MX
放送日:2017/07/07
制作:キネマシトラス, breccia
評価:HV1280+/847


情報量の多い緻密な精細鮮明HD。高コントラストでくっきり感も十分だけど、リサイズの問題か斜めの線に粒状感が出ているところがあり環境によってはその粗さが気になることもありそう。

縦は整数で16:9にならない847と中途半端な数字。整数で16:9になるサイズではのんのんびよりの1504x846に近いけれど、上下隅の絵に欠けはないので元が847以上だったはずで元はufotableの1520x855で作ったものが縦8ピクセル分も欠けてしまった状態かもしれない。

時間の支配者 1話

局:TOKYO MX
放送日:2017/07/07
制作:project No.9
評価:HV1280

コントラストも十分高いけれど暗めの絵で線が黒に近くくっきり感はまずまず。粗く見えるほどでもないけれど、鮮明さ優先のリサイズで拡大していて周期的な揺らぎが出ている。

若干乱れはあるものの縦720の特徴もわかりやすく残っていて、これもHV1280。

18if 1話

局:TOKYO MX
放送日:2017/07/07
制作:GONZO
評価:HV1280


演出で線の黒さを変えているところもあるけれど、あまり黒くない線が多く、特に細かい描写では縮小しすぎて黒浮きが目立つところもあり、どこかはっきりしない絵に見えるカットもちらほら。

これも若干ジャギ感の残る線を少しぼかして整えたような作りだけど、リサイズでの乱れは少なく縦720の特徴もわかりやすいHV1280。

アクションヒロイン チアフルーツ 1話

局:TBS
放送日:2017/07/06
制作:ディオメディア
評価:HV1280

適度に暗い線でも明るさ抑えめでぼかし効果もありどこかはっきりしないメリハリの無いカットが多め。

ややジャギ感の強い絵をぼかして整えたような特徴で少しシャープフィルタで補正すると縦720のジャギがはっきり見えてくるHV1280。

コンビニカレシ 1話

局:TBS
放送日:2017/07/06
制作:Studioぴえろ
評価:HV1280+/810


線も適度に暗いすっきりくっきり画質。

拡大してみると若干粗さが残る作りだけど、乱れも少なく縦810の特徴がはっきり残る1440x810のHV1280+。ぴえろも1440x810の地味なサイズながらHV1280+組に定着してきたようだ。

DIVE!! 1話

局:フジテレビ
放送日:2017/07/06
制作:ゼロジー
評価:HV1280+/864

太めの線が多いので精細な印象は弱いけれど、見た目にも高解像度っぽいメリハリがあるくっきり画質。

線の輪郭も比較的鋭利で縦864の特徴もきれいに残っている、元は1536x864のHV1280+。

最遊記RELOAD BLAST 1話

局:TOKYO MX
放送日:2017/07/06
制作:プラチナビジョン
評価:HV1280+/900

コントラスト抑えめのシーンが多く見た目の精細感はそれほど強くないけれど、拡大して見ると細かい描写も少なくない。

リサイズの乱れも少なく縦900の特徴がきれいに残っていて、元は1600x900のHV1280+。

捏造トラップ -NTR- 1話

局:TOKYO MX
放送日:2017/07/05
制作:Creators in Pack
評価:HV1280

評価のみ

ナナマルサンバツ 1話

局:テレビ東京
放送日:2017/07/04
制作:トムス・エンタテインメント
評価:HV1280+/810


線もしっかり暗く高コントラストの癖のないすっきりくっきり画質。

細かい描写では若干ジャギ感の残るところがあるけれど、リサイズでの乱れは少なく縦810のジャギがはっきり残る1440x810のHV1280+。

徒然チルドレン 1話

局:TOKYO MX
放送日:2017/07/04
制作:Studio五組
評価:HV1280

評価のみ

アホガール 1話

局:TOKYO MX
放送日:2017/07/04
制作:ディオメディア
評価:HV1280


30分枠でも3分枠でも調べる時間は大差ないので本数が多すぎて個々数年短編未チェックのクールが多いけれど、今期は出来る範囲で評価のみでも短編もチェック予定。

2017年7月4日火曜日

異世界食堂 1話

局:テレビ東京
放送日:2017/07/03
制作:SILVER LINK.
評価:HV1280+/810

少し明るさを抑えたシーンが多いけれど、最近のSILVER LINK.の中では線が黒に近く、彩度も高めでメリハリのある絵に見える。

映像でもそれなりに精細感があるけれど、乱れの少ない縦810の特徴がきれいに残っている1440x810のHV1280+。

1年続いたSILVER LINK.の1440x810も春で一旦途切れてしまったけれど、1クール空いただけで無事復帰。

恋と嘘 1話

局:TOKYO MX
放送日:2017/07/03
制作:ライデンフィルム
評価:HV1280

くっきり画質で塗り的にはすっきり画質だけど、鮮明さ優先のリサイズで3ピクセル周期の揺らぎが強く線に粒状感が出て、少し荒れた絵に見えてところがある。狙った質感でなくリサイズの副作用なので、テレビでは難しいけれど1280x720サイズの画面で見ると印象が変わるかも。

線の輪郭は乱れ気味だけど、線自体は荒れているというほどでもなく縦720の特徴もわかりやすく残っていて、これもHV1280。

妖怪アパートの幽雅な日常 1話

局:TOKYO MX
放送日:2017/07/03
制作:シンエイ動画
評価:?

難解なシンエイ動画らしい映像で線の輪郭がはっきりせずお手上げ。



縦は周期的な乱れがあるものの横方向は乱れが少なく、撮影解像度由来ではなく元絵の特徴だろうけど、横1504辺りのジャギがはっきり見えるカットがあった。1440x810辺りに見える特徴が見えるものの1440x810から拡大した映像にしては荒れ過ぎ。実際は1280x720?と考えたくなるものの、断言どころか可能性が高そうと言えるレベルの特徴すらほとんど見つからない。?付きでも絞れなかったので評価なし。

2017年7月3日月曜日

バトルガール ハイスクール 1話

局:TOKYO MX
放送日:2017/07/02
制作:SILVER LINK.
評価:HV1280/720


色ずれ効果の影響で画面全体の線が色を帯びている。それも影響しているのか圧縮劣化も多めで線の輪郭が全体に少し荒れ気味なのでコントラストの割りにどこかはっきりしない絵に見えるカットも多く、環境によっては目が疲れそう。BDで見ると印象が少し変わるかも。

リサイズでの乱れは少ないものの、元から線がはっきりしないところが多くはっきりした特徴が見えないところが多いけれど、線間隔の狭い描写には断片的に縦720のジャギが残っていてHV1280。

潔癖男子!青山くん 1話

局:TOKYO MX
放送日:2017/07/02
制作:スタジオ雲雀
評価:HV1280+/931


線もしっかり暗い見るからに高精細なすっきりくっきり画質。

しっかり補間の効くリサイズで長い周期の揺らぎがあって少しわかりにくいけれど、縦は931と整数で16:9にならない数字ながらかなりの精細さ。計算では1655x931辺りになる。

整数で16:9になるこの上のサイズは1664x936でGONZOがそれが声優!などで使っているけれど、元はこのサイズだったものが拡大時に少し欠けたパターンかな。

ナイツ&マジック 1話

局:TOKYO MX
放送日:2017/07/02
制作:エイトビット
評価:HV1280

線の太さ黒さのバラつきが大きく、高コントラストでもくっきり感は抑えめ。

鮮明さ優先のリサイズで拡大した副作用で若干粒状感のある線になっているところが多いけれど、粗さが気になることはほとんどなさそう。

そのリサイズの効果で線に注目すると1280x720より上に見えるけれど、1.5倍に拡大した3ピクセル周期の揺らぎが残るタイプのHV1280。

2017年7月2日日曜日

戦姫絶唱シンフォギアAXZ 1話

局:TOKYO MX
放送日:2017/07/01
制作:サテライト
評価:HV1280+/871.5


似たような若干太めの線でも前シリーズまでより全体に精細感が高くなった。

少し癖のあるリサイズで長期的な揺らぎが出て(といっても人の目では認識できないレベル)、正確な数字を確認するのが難しいけれど、CGのジャギがはっきり見えるところで見ると、縦871.5辺りの変な数字になっているようだ。

サテライトはちゃんと整数16:9になる1568x882で何作か作っているけれど、これも元はそのサイズだとすると縦10ピクセル以上欠けてディーンなどの1552x873より僅かに小さくなったことになる。この仮説通りだとすると、かなりもったいない作りと言いたくなる。

活撃 刀剣乱舞 1話

局:TOKYO MX
放送日:2017/07/01
制作:ufotable
評価:HV1280+/855

線が明るくくっきり感の弱いufotableらしい絵だけど、特に人物が小さいところは特に工夫もなく縮小率を高くして使っているので灰色と表現し難いくらい線が白に近づきぼけてないのにぼけ感の強いカットもちらほら。

それでも映像全体のコントラストは十分高く線の輪郭はufotableの中では鋭利な方で、乱れのない縦855の特徴もわかりやすい。元はいつも通りのufotable標準1520x855。

Fate/Apocrypha 1話

局:TOKYO MX
放送日:2017/07/01
制作:A-1 Pictures
評価:HV1280+/873?


線の輪郭が非常になめらかでジャギ感が無く、すっきり感を避けたざらついた質感に圧縮劣化も加わって解像度推定に使える特徴が非常に少ない。若干荒れているものの細かい描写での潰れも少ないのにジャギがはっきり見えるところは稀で、平行線を多用する本などを見てもはっきりした
特徴が見えてこない。

そんな絵の中でも唯一ジャギ感の強い輪郭になっているCGで作った家具などの輪郭を見ると数ピクセル程度の誤差で最近A-1で良く出てくる縦873に十分近い特徴が残っているカットが何箇所かあった。CG由来のジャギと撮影解像度が一致しない例も多く、全体で見て正確に縦873と断定できるフレームが見つからないので?付きで2話以降で再確認。

2017年7月1日土曜日

ひなろじ ~from Luck & Logic~ 1話

局:TOKYO MX
放送日:2017/07/01
制作:動画工房
評価:HV1280+/810

これも線の黒さのバラつきが大きめでくっきり感は抑えめ。細かい描写もそれなりにあるけれど、精細感もそれほど強くない。

乱れの少ない縦810の特徴がしっかり残っていて動画工房のHV1280+標準の1440x810。

賭ケグルイ 1話

局:TOKYO MX
放送日:2017/07/01
制作:MAPPA
評価:HV1280+/810


くっきり画質を避けたようなぼかし効果の影響か、線の黒さのバラつきもおおきく線の輪郭が少し荒れて細部が潰れ気味なので精細感は弱め。

それでもリサイズでの乱れはほとんどなく、縦810の特徴がわかりやすく残っている1440x810のHV1280+。まだ本数は少ないけれどMAPPAもHV1280+常連制作の仲間入りという感じになってきた。

遊☆戯☆王VRAINS 1話

局:テレビ東京
放送日:2017/05/10
制作:ぎゃろっぷ
評価:HV1280+/810

遊戯王はまだHD制作も少なかった2008年の5D'sから長く1440x810で続いているけれど、
今作も縦810の特徴がはっきり残っていて変化なし。

放送中アニメ評価一覧

2017年7月~9月の放送中アニメ評価一覧です。

2017年4月~6月の一覧はこちら

作品名評価
潔癖男子!青山くんHV1280+/931
バチカン奇跡調査官HV1280+/900
HVFULL
最遊記RELOAD BLASTHV1280+/900
ザ・リフレクションHV1280+/873
HVFULL(edのみ)
地獄少女 宵伽HV1280+/873
Fate/ApocryphaHV1280+/872
戦姫絶唱シンフォギアAXZHV1280+/871
魔法陣グルグルHV1280+/864
ボールルームへようこそHV1280+/864
DIVE!!HV1280+/864
活撃 刀剣乱舞HV1280+/855
メイドインアビスHV1280+/847
セントールの悩みHV1280+/830.5
異世界はスマートフォンとともに。HV1280+/810
妖怪アパートの幽雅な日常HV1280+/810
将国のアルタイルHV1280+/810
コンビニカレシHV1280+/810
ナナマルサンバツHV1280+/810
異世界食堂HV1280+/810
ひなろじ~from Luck & Logic~HV1280+/810
賭ケグルイHV1280+/810
ゲーマーズ!HV1280
はじめてのギャルHV1280
ようこそ実力至上主義の教室へHV1280
NEW GAME!!HV1280
天使の3P!HV1280
プリンセス・プリンシパルHV1280
HVFULL(edのみ)
ひとりじめマイヒーローHV1280
時間の支配者HV1280
18ifHV1280
アクションヒロイン チアフルーツHV1280
恋と嘘HV1280
バトルガール ハイスクールHV1280
ナイツ&マジックHV1280
ノラと皇女と野良猫ハートHVFULL
イケメン戦国
時をかけるが恋ははじまらない
HVFULL
てーきゅうHV1280+/900
スカートの中はケダモノでした。HV1280+/864
クリオネの灯りHV1280+/810
無責任ギャラクシー☆タイラーHV1280
カイトアンサHV1280
捏造トラップ -NTR-HV1280
徒然チルドレンHV1280
アホガールHV1280

2017年4月16日日曜日

アトム ザ・ビギニング 1話

局:NHK-G
放送日:2017/04/15
制作:OLM, Production I.G, SIGNAL.MD
評価:HV1280+/864

細い線で精細感は高いけれど、黒というほど暗くない線が多く鮮明さは控えめ。ジャギ感もなく線の輪郭は滑らかに見える。


リサイズでの乱れは少なく、縦864の特徴がきれいに残っていて、元は1536x864のHV1280+なのでサイズ的にはI.G画質。

トミカハイパーレスキュー ドライブヘッド~機動救急警察~ 1話

局:TBS
放送日:2017/04/15
制作:OLM
評価:HV1280+/960


細くても黒に近い線の朝アニメらしいすっきりくっきり画質。一目で高精細とわかる映像だけど比較的ジャギ感が強く、大画面で見ると少し粗さが見えてしまう環境も出てきそう。

線の輪郭も鋭利で比較的わかりやすい特徴で縦は960。整数で16:9にならず1707x960辺り。

縦950台後半は京アニとJCで頻繁に出てくるけれど整数で16:9にならないので元は1712x963で作っているのに拡大時に欠けてしまっている可能性が高そう、と5年くらい書き続けてきたけれど、これも960に乗ったもののまた中途半端な数字。整数で16:9になる1712x963の映像はまだ未発見。

OPは元絵の解像度不足で拡大した絵になっているところもあるもののフルHDで作られている。EDは本編と同じ。

sin七つの大罪 1話

局:TOKYO MX
放送日:2017/04/14
制作:アニメーションスタジオ・アートランド
評価:HV1280

カットによってはしっかり暗い線のくっきり画質になっているところもあるけれど、線の太さのバラつきで線の黒さが安定せずどこかはっきりしない絵に見えるシーンも多い。

縦方向にボケているパターンは昔から多くあるけれど、これは横方向にボケていて水平に近い線の方がはっきり見え、垂直に近づくほど甘くなっている。フジテレビやNHK地上波のように局の問題で横ボケしていることはあっても、MXで横ボケしているHDアニメは珍しい。急な修正とか編集などで横方向のリサイズを繰り返すなど変な処理をした可能性もあり2話以降改善するかも?

癖のないリサイズで線の輪郭は滑らかに見えるところが多いけれど、細めの線は解像度限界でジャギが出て縦720の特徴もわかりやすいHV1280。

ソード・オラトリア ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか外伝 1話

局:TOKYO MX
放送日:2017/04/14
制作:J.C.STAFF
評価:HV1280+/900

JCらしい線の細い精細HDだけど前シリーズに比べると線があまり暗くなく、画面上部が明るいグラデーション効果もあってくっきり感は弱い。

それでもJCの中では線の輪郭がはっきりしている方で縦900の特徴もわかりやすく残っている、元は1600x900のHV1280+。

冴えない彼女の育てかた♭ 1話

局:フジテレビ
放送日:2017/04/13
制作:A-1 Pictures
評価:HV1280+/878

細めでもしっかり暗い線のすっきりくっきり画質で1期より精細かつ鮮明な映像に変わった。

少し癖のあるリサイズで周期的な揺らぎが出ているけれど、乱れているわけでもなく線の輪郭も全体に滑らかに見える。

エロマンガ先生と同じ873辺りの特徴だけど微妙にズレていて、縦878と整数で16:9にならない中途半端な数字。計算では1561x878辺りになる。

ここで調べた中では過去1例だけ存在していて、RAIL WARS!が同じだったけれど何か関係があるのか偶然なのか不明。JCのように1話の中で異なる特徴のカットが混ざるカオスさはないものの、A-1も作品毎にバラバラで標準と言えそうなサイズがない状況が続いている。

スナックワールド 1話

局:テレビ東京
放送日:2017/04/13
制作:OLMデジタル
評価:HV1280

輪郭線のない3DCGで人物の輪郭にはほとんどジャギ感がないけれど、特にアンチエイリアスが上質な作りでもなく細かい描写は線が階段状にガタガタになってしまっているところもちらほら。

リサイズでの乱れもなく、縦横とも全体に1280x720の特徴がきれいに残っているCGらしい特徴のHV1280。

夏目友人帳 陸 1話

局:テレビ東京
放送日:2017/04/11
制作:朱夏
評価:HV1280

前期から特に変化はなく強いぼかし効果の古風なHD画質。

ソフトなのに鮮明さ優先のリサイズで拡大で線が粗く見えてしまう謎仕様もそのまま。縦720の特徴ははっきりしないけど、1.5倍に拡大した3ピクセル周期の揺らぎが強く残るタイプのHV1280。

覆面系ノイズ 1話

局:TOKYO MX
放送日:2017/04/11
制作:ブレインズ・ベース
評価:HV1280

光表現の効果を多様しているものの、基本は比較的黒に近い線のすっきりくっきり画質。線が細すぎず、リサイズでの乱れも少ないので輪郭も滑かに見える。

そのままではわかりにくいけれど、少しシャープフィルタで補正するとどこを見ても乱れのない縦720の特徴がきれいに残っていてこれもHV1280。

終末なにしてますか?忙しいですか?救ってもらっていいですか? 1話

局:TOKYO MX
放送日:2017/04/12
制作:サテライト C2C
評価:HV1280

明るさ抑えめでも適度に暗い線それなりに鮮明に見えるけれど、ぼかし効果でソフトな絵になっているところが多い。

リサイズでの乱れはないけれど、ジャギ感の強い絵をぼかして整えた作りで細かい描写は潰れ気味。どこを見ても縦720の特徴がきれいに残っている、とてもわかりやすいHV1280。

2017年4月11日火曜日

ゼロから始める魔法の書 1話

局:TOKYO MX
放送日:2017/04/10
制作:WHITE FOX
評価:HV1280, HVFULL(EDのみ)


コントラスト抑えめで線があまり黒くなく、ぼかし効果も強めのソフト画質。

癖のないリサイズ乱れもなく粗さが気になることはないけれど、作画時の線が細く全体にジャギ感の残る線をぼかして整えたような作りで、どこを見てもきれいに縦720の特徴が残っているわかりやすいHV1280。

普通のアニメ絵ではないものゆっくりでも動画的で動くEDはフルHDで作られていている。

2017年4月10日月曜日

ID-0 1話

局:TOKYO MX
放送日:2017/04/09
制作:サンジゲン
評価:HV1280+/806

全体にアンチエイリアスが効いて線の輪郭が滑らかに見え、細かい描写でも粗さを感じるところはほとんどない。

といっても拡大してみるとCGらしい乱れのないジャギの特徴はしっかり残っていて、縦は806と810に少し足りず整数で16:9にならない中途半端な数字。去年のブブキ・ブランキも同じだったけど、元は1440x810で作っていてもそのサイズに慣れていないからか拡大時に少し絵が欠けてしまったパターンだろう。

縦806から計算すると1433x806辺りになるけれど、横方向も1433に十分近い特徴が残っているので縦横比はほぼ正確に維持されている。

有頂天家族2 1話

局:TOKYO MX
放送日:2017/04/09
制作:P.A.WORKS
評価:HV1280


1期も十分鮮明に見える映像だったけれど、僅かに線が太くなり輪郭もはっきりしてくっきり感が増している。ただ鮮明さ優先のリサイズで拡大した影響で周期てきた揺らぎが強く、1期より粗さが気になる環境が多くなりそう。

CG背景のジャギ感の強さは相変わらずで、縦横とも1280x720の特徴が比較的わかりやすく残っていて、今回もHV1280。

2017年4月9日日曜日

エロマンガ先生 1話

局:TOKYO MX
放送日:2017/04/08
制作:A-1 Pictures
評価:HV1280+/873

極端に細い線ではないけれど適度に暗く、輪郭は滑らかで細かい描写の潰れも少ない。精細感高めのすっきりくっきり画質に見える。

線の輪郭もそれほどソフトではないけれど、解像度推定に使えるはっきりした特徴が少なく放送映像での判別が難しい。

比較的状態のよいフレームでみると、今回も以前はディーン固有の特徴だった縦873に見えるところが複数あるものの、まったく自信が持てず2話以降も継続調査ということで?付き

追記
ニヤニヤ生放送の部分のノートPCの画面のところを見るととてもわかりやすいジャギが大量に出ていて、その特徴から元は正確に1552x873で間違いなさそう。?は不要でした。

Re:CREATORS 1話

局:TOKYO MX
放送日:2017/04/08
制作:TROYCA
評価:HV1280

鮮明に見えるカットも多いけれど、細めの線で黒さのバラつきがあり、全体ではくっきり画質というほどのメリハリは感じない。

線の輪郭は十分滑らかに見えるものの、ジャギ感の残る線をぼかして整えたような特徴。おかげでどこを見ても縦720のジャギがはっきり見え容易にHV1280と判断できる。

境界のRINNE3 1話

局:NHK-Eテレ
放送日:2017/04/08
制作:ブレインズ・ベース
評価:HV1280

前期までの少し強いぼかし効果が軽減され、線も黒に近づき鮮明さが増している。細めの線の黒浮きが少なくなり精細感も強くなった印象。

若干ジャギ感の残る線でリサイズでの乱れもないので縦720の特徴が綺麗に残っていてHV1280は変化なし。

ベルセルク 13話

局:TBS
放送日:2017/04/07
制作:GEMBA ミルパンセ
評価:HV1280+/837


1話はカットによって大きく特徴が異なっていたため比較が難しいけれど、似たような明るさの絵で比べると鮮明さはそれほど変わっていない印象。

細めの線にはCGらしいジャギがはっきり残っていて、縦も837と変化なく元は1488x837のHV1280+で再開。

神撃のバハムート VIRGIN SOUL 1話

局:TBS
放送日:2017/04/07
制作:MAPPA
評価:HV1280+/810

全体ではなくカット毎に効果としてぼかす効果も多用しているけれど、少しソフトなHD画質だったGENESISから線の輪郭も鋭利な鮮明な絵に変わった。見てわかるくらい精細感も向上して情報量の多い作画がより活きた映像になった印象。

リサイズでの乱れも少なく、線の輪郭が非常に鋭利で解像度推定が容易なカットもあり、縦は810。MAPPAでは去年のユーリ!!!と同じ1440x810のHV1280+。

ひなこのーと 1話

局:TOKYO MX
放送日:2017/04/07
制作:Passione
評価:HV1280

しっかり暗い線のすっきりくっきり画質で精細感もまずまず。

どちらかというと鮮明さを優先したリサイズで拡大していて、線に注目すると1280x720より上に見える特徴が多く残っているけれど、1.5倍に拡大した3ピクセル周期の特徴もしっかり残っていて、これはHV1280。

それでも以前多かった強い揺らぎのある強引な処理ではなく、線のなめらかさも十分維持できているので見た目の印象は悪くなく、粗さが気になる環境はほとんどなさそう。

正解するカド 1話

局:TOKYO MX
放送日:2017/04/07
制作:東映アニメーション
評価:HV1280+/900

線の太さにバラつきがあるけれど黒に近いはっきりした線が多く、くっきり感の強い精細HD画質に見える。

鮮明さを優先した感じの作りで比較的ジャギ感が強く、特に細かい描写の多いカットやCG的な作りの線がガタガタになってしまっているところもあり。それでも比較的高精細なので粗さが気になる環境は少ないだろう。

リサイズでの乱れは少なく、縦900の特徴がはっきり残っていて、元は東映標準と言ってもいいくらい良く出てくる1600x900。

テロップっぽい文字がフルHD解像度で後から追加される例はいくらでもあるけれど、「速報 羽田国際空港に・・・」のテロップ部分が縦1080の特徴になっているのは少し珍しいかも。ただ似たような装飾文字などがフルHDで追加された映像を見つけたことは何度もあり、調べている映像の割合から考えるとそれほどレアなケースではないかもしれない。

ツインエンジェルBREAK 1話

局:TOKYO MX
放送日:2017/04/07
制作:J.C.STAFF
評価:HV1280+/900


細めの線でも適度に暗く、精細感十分のすっきりくっきり画質。
線の輪郭もなめらかで細かい描写も潰れず良く残っている。ただ細かい描写自体少ないので簡素な絵に見えてしまうシーンもちらほら。

リサイズでの乱れも少なく、縦900の特徴がしっかり残っていて、元は1600x900のHV1280+。


リルリルフェアリル ~魔法の鏡~ 1話

局:テレビ東京
放送日:2017/04/07
制作:スタジオディーン
評価:HV1280+/873

1期は1話しか確認していないので以前から変わっていたかもしれないけれど、線が異常に細かった1期1話に比べると線が少し太く(それでも平均的なアニメよりは細め)暗くなったので精細かつ鮮明な見やすい高精細映像になった。

作り慣れているサイズだけに目立った欠点もなく縦873の特徴がわかりやすく残っていて、元は1552x873のディーン標準HV1280+。

恋愛暴君 1話

局:テレビ東京
放送日:2017/04/06
制作:EMTスクエアード
評価:HV1280+/900


線がそれほど黒くなく強めのぼかし効果も使っているのでくっきり感は強くないけれど、線は比較的細く、精細な描写もそれなりにあって精細感は高め。

明るい線の影響で線の輝度ムラが大きい感じはするもののリサイズでの乱れはほとんどなく、縦900の特徴がきれいに残っていて、元は1600x900のHV1280+。

カブキブ! 1話

局:TBS
放送日:2017/04/06
制作:スタジオディーン
評価:HV1280+/873


簡素な作画に見えるところが多いけれど、線の輪郭のなめらかさや精細感の高さはいつも通りのディーン画質。

今回も乱れの少ない縦873の特徴がしっかり残っていて、元は1552x873のHV1280+。

クロックワーク・プラネット 1話

局:TBS
放送日:2017/04/06
制作:XEBEC
評価:HVFULL

黒に近い線の精細感の高いXEBECらしいくっきり画質。

縦1080の特徴もはっきり残っていて、元絵解像度も十分の文句なしのフルHD制作。ただ今回もジャギ感が残るところが多いなど上質な映像という感じはなく、フルHDという点を除くと、ちょっと雑な作りに見えてしまいそうな特徴が多い。

月がきれい 1話

局:TOKYO MX
放送日:2017/04/06
制作:feel.
評価:HV1280


意図的に太さが大きく変わる手描き風の線の影響で線の黒さのバラつきも大きいけれど、全体では暗い線の割合が高く、十分鮮明に見える。そんな感じの人物の線に対し背景が極端にデジタル臭の強いすっきりCGなので違和感が強いけれど、それも独特な映像だと考えればそう見えなくもない?

輪郭は比較的なめらかで線に注目すると高精細な映像っぽく見えるところもちらほらあるけれど、
撮影時のリサイズで発生した線の輪郭に沿ったノイズには縦720の特徴が残っていて、これもHV1280。

武装少女マキャヴェリズム 1話

局:TOKYO MX
放送日:2017/04/05
制作:SILVER LINK.
評価:HV1280

比較的傾斜のきついグラデーション塗りが多く、明るさも少しめのシーンが多いけれど、コントラストは十分高く鮮明さはまずまず。

久しぶりにほぼ全編色収差もどき効果で線の輪郭に色が乗って見える。過去の色収差もどき効果は画面の中央は色ずれがなく、周囲にいくほどずれが大きくなるというレンズに近い特徴になっていたけれど、これはフレーム全体の色が同じようにずれている似て非なる処理でちょっと珍しい。

線の輪郭は十分なめらかでわかりにくいカットが多いけれど、比較的人物が小さく描かれるところは縮小率が高く解像度限界でジャギ感の強い線になっているので縦720の特徴がわかりやすくHV1280。

しばらく1440x810アニメ1本を維持してきたSILVER LINK.だけど、今期は1280x720のみに再び逆戻り。

サクラクエスト 1話

局:TOKYO MX
放送日:2017/04/05
制作:P.A.WORKS
評価:HV1280

線も適度に暗く癖のないすっきりくっきり画質。

CGは相変わらずジャギ感が強い線になっているところが多いけれど、乱れのほとんどない縦720の特徴もわかりやすく残っていて、今回もHV1280のP.A.WORKS。


サクラダリセット 1話

局:TOKYO MX
放送日:2017/04/05
制作:david production
評価:HV1280+/900

細い線でも適度に暗く、精細感のあるすっきりくっきり画質に見える。細かい描写自体は少ないけれどジャギ感もほとんどなく、線の輪郭も非常になめらかに仕上げている。

線の輪郭がソフトなのでわかりにくいけれど、人物が比較的小さく描かれるカットでは解像度限界で線が細くなりすぎて縦900のジャギがはっきり見えるところがあり、元は1600x900のHV1280+。

長く1280x720を維持してきたdavid productionも、最近の脱HV1280の流れに乗っていきなり1600x900でHV1280+制作へ仲間入り。

BORUTO -ボルト- NARUTO NEXT GENERATIONS 1話

局:テレビ東京
放送日:2017/04/04
制作:studioぴえろ
評価:HV1280+/810

線の輪郭が滲んだようにはっきりしない変わった特徴でソフトな絵に見える。細かい描写も潰れ気味で精細感もあまり感じないけれど、カットによっては情報量も多く緻密なところもある。


線の輪郭がはっきりせず、?を付けたくなるくらいわかりにくいけれど、細かい描写には断片的でも縦810の特徴が残っているように見えるので1440x810のHV1280+だろう。

王室教師ハイネ 1話

局:テレビ東京
放送日:2017/04/04
制作:ブリッジ
評価:HV1280


十分鮮明に見えるカットも多いけれど全体に強いぼかし効果でかなりソフトなHD画質。荒れているわけではないものの撮影時までのリサイズで少し崩れた線をぼかして整えたような絵で、細かい描写が潰れ気味になっている作りなのはもったいない。

拡大での乱れはなく、細い線などには縦720の特徴がはっきり残っていて、これもHV1280。

本編中のキャラ紹介などのテロップ的な文字が縦1080で入っていることは珍しくないけれど、動きのあるキャラ紹介の文字も縦1080になっている。

ロクでなし魔術講師と禁忌教典 1話

局:TOKYO MX
放送日:2017/04/04
制作:ライデンフィルム
評価:HV1280+/837


精細感もまずまずの高コントラストすっきりくっきり画質。大半は滑らかな線に見えるけれど比較的ジャギ感の強い線で、線間隔の狭いところでは階段状のジャギが見えるところもあった。

その特徴に加えリサイズでの乱れも少ないので判断も容易で縦は837。1488x837は整数で16:9になるサイズの一つ。ライデンフィルムでは2016年の彼女と彼女の猫も同じなので、現在のライデンフィルムのHV1280+ではこれが標準サイズのようだ。



2017年4月4日火曜日

アイドルタイムプリパラ 1話

局:テレビ東京
放送日:2017/04/04
制作:タツノコプロ・DONGWOO A&E
評価:HV1280

前シリーズから特に変わったところはなく、相変わらず縦に少しボケた絵になっている。ある程度太さのある適度に暗い線なので映像で見て気になることはまずないけれど、垂直に近い線が鮮明で水平になるほど線輪郭が甘くなっている。

フルHDサイズへの拡大時に鮮明さ優先のリサイズを使っているのもそのままで、縦720の特徴ははっきりしないけれど、1.5倍に拡大した3ピクセル周期の揺らぎが強く残るタイプのHV1280。

フレームアームズ・ガール 1話

局:TOKYO MX
放送日:2017/04/03
制作:XEXCS/studio A-CAT
評価:HV1280

細い線が多いけれど適度に暗く、精細鮮明HDに見える。精細に見える絵も多いけれど全体に乱れのない縦720のジャギがきれいに残っているHV1280。

細かい描写ではガタガタの線が見えてしまうところもあるけれど、アンチエイリアスで粗さが抑えられて十分滑らかに見えるところが大半なので、CGの多用の1280x720としてはまずまずの出来かも(絵として見た話ではなく処理的な意味で)。

スタミュ 第2期 1話

局:TOKYO MX
放送日:2017/04/03
制作:C-Station
評価:HV1280/719


鮮明でもジャギ感の強い線で少し粗く見えた1期1話と比べると少しソフトになり、線の輪郭も滑らかに見えるところが多くなった。くっきり感は少し減ったものの1期は過剰と言いたくなるくらいだったので、むしろ癖のない見やすい絵になった印象。

リサイズでの乱れも少ないけれど、縦は720ではなく719と1ピクセル足りず拡大時に僅かに欠けたパターン。縦719は年に1,2作品出てくる。

笑ゥせぇるすまんNEW 1話

局:TOKYO MX
放送日:2017/04/03
制作:シンエイ動画
評価:HV1280?

線が太めでしっかり暗いので鮮明さもそれなりにあるけれど、強めのぼかしが掛かっていて比較的ソフトなHD画質になっている。

シンエイ動画は天敵と言ってもいいくらい撮影解像度に由来する特徴がはっきりしない映像が多いけれど、今回も難解。

このアニメはCG的な描写が多いのでCG由来の線の特徴を見てみると結構高精細で、ほぼ正確に縦864の特徴が残っているカットが複数あった。一方ノートPCの画面の細かい描写は1280x720程度の限界で潰れてしまっていることから、一旦高解像度で作った絵を1280x720程度に縮小したと
考えると似た映像を再現できそう。正確に縦720の特徴が出ていないのは、縮小時にアンチエイリアス効果で元の絵の特徴をできるだけ残すように丁寧処理した結果だろう。

と書いたものの、正確に1280x720の映像と断言できる要素は見つからず憶測の範囲を出ないので?付き評価。

普通のアニメ絵でないOPはフルHD制作。EDもフルHDっぽい特徴はあるものの圧縮劣化が多く断定できる特徴は見つからなかった。

2017年4月3日月曜日

ベイブレードバースト ゴッド 1話

局:テレビ東京
放送日:2017/04/03
制作:OLM Team Abe
評価:HV1280+/810


これも前シリーズの特徴そのままのすっきりくっきり画質。極端に細い線は少ないけれど、線の輪郭が鋭利なので精細感もまずまず。

少しジャギ感の残る線も相変わらずで乱れのない縦810の特徴もわかりやすい1440x810のHV1280+。

デュエル・マスターズ 1話

局:テレビ東京
放送日:2017/04/02
制作:アセンション・小学館ミュージック&デジタルエンタテインメント
評価:HV1280+/864


太めの線が多い高コントラストのベタ塗りすっきりくっきり画質。今年も前シリーズと大差なく明確に変わった特徴は見当たらない。

縦864も変わらず、元は1536x864のHV1280+。

つぐもも 1話

局:BSアニマックス
放送日:2017/04/02
制作:ゼロジー
評価:HV1280


黒に近い細めの線が基本のすっきりくっきり画質。

一見普通の1280x720クラスのHD画質のアニメだけど、拡大してみると少し変わった特徴で、線や線の輪郭に沿ったノイズに乱れのない縦720の特徴が非常に強く残っている。CGで良く出てくる特徴なので、紙を使わず最初からデジタル作画で作るとこんな感じになるのかも(憶測)。

その影響でジャギ感の強い線になっているので、環境によっては粗い絵に見えてしまうこともありそう。

アリスと蔵六 1話

局:TOKYO MX
放送日:2017/04/02
制作:J.C.STAFF
評価:HV-HV1280+/900,957?,HVFULL

前半と後半で特徴が異なり、まったく別に作った2話を繋いだような差がある。

前半は特にCGの部分がわかりやすいけれど縦900の特徴がきれいに残っていて元は1600x900のHV1280+はJCでは良く出てくるパターン。

一方後半になると縦900の特徴が消えて線の輪郭が滑らかで、これもJCに多い輪郭が非常にソフトで線から解像度を推定するのが難しい特徴。大半のカットは十分な精度で確認できないけれど縦957辺りに見えるカットが多く、さらに特に鮮明なところは縦1080のフルHDらしい特徴がはっきり出ているところもあり、全体では少なくとも3つの異なる作りのカットが混ざったカオスな映像のようだ。比較的状態のよいところで縦957に見えるところはあったものの、全体に共通して正確にその数字だと言えるほどはっきりした特徴が残っていないので957という数字は?付き。


EDは圧縮劣化に加え強いぼかし効果も多用しているので確信は持てないけれど、断片的に残っている特徴を見るとフルHDのサイズで作っている可能性が高そう。

GRANBLUE FANTASY The Animation 1話

局:TOKYO MX
放送日:2017/04/01
制作:A-1 Pictures
評価:HV1280

高コントラストでも明るさ抑えめで線も黒に近いくっきり感の強い絵になっているけれど、手描きの線の特徴をそのまま残したような線で太さのバラつきが大きく、黒浮きが目立つところも少なくない。

独特な映像と言っても良さそうだけど、背景にキャラが浮いて見えるバランスの悪いカットも多く、
鮮明さ優先のリサイズで拡大した周期的な揺らぎも加わり元の作画以上に線が荒れているので、狙った質感だと言われたとしても少し雑な作りに見えてしまう。

線に注目すると少し精細な元絵の特徴も残っているけれど、全体に1.5倍に拡大した3ピクセル周期の揺らぎが強く残るタイプのHV1280。

進撃の巨人 Season2 26話

局:TOKYO MX
放送日:2017/04/01
制作:WIT STUDIO
評価:HV1280+/857

シーンによって線の太さまで変わり鮮明さもカット毎印象が異なるので1期との比較が難しいけれど、若干鮮明に見えるカットが増えているような気がするものの、見た目の印象さはあまり変化していない。

1期3話から縦857に向上したけれど、長く空いた2期も比較的乱れの少ない857のジャギがどのカットにもわかりやすく残っていて、整数で16:9にならない1523.5x857辺りの中途半端な特徴はそのまま。

WITは作品によってサイズがバラバラで標準と呼べるサイズがない印象だけど、制作話数的には縦857が最も多い。他制作では出てこないし、これが一番WITらしい作りと言えるのかもしれない。

僕のヒーローアカデミア 14話

局:日本テレビ
放送日:2017/04/01
制作:ボンズ
評価:HV1280

先週は総集編だったので14話で確認。TBSから移動の珍しいパターンでも見た目の変化はほとんどなく、ボンズらしいくっきり画質も相変わらず。それでもまったく変わっていないわけでもなく、1話と比べると少し鮮明になり、線の輪郭も滑らかになっている。

リサイズもバランス志向で拡大時の揺らぎも少なく、縦720の特徴がきれいに残っているHV1280。

フューチャーカード バディファイトX 1話

局:テレビ東京
放送日:2017/04/01
制作:OLM, XEBEC
評価:HVFULL

前シリーズから目立った変化はなく、引き続き元絵の解像度も十分のフルHD制作映像。

2017年3月30日木曜日

放送中アニメ評価一覧 2017年4月~6月

2017年4月~6月の放送中アニメ評価一覧です。

2017年1月~3月の一覧はこちら

作品名評価
クロックワーク・プラネットHVFULL
フューチャーカード バディファイトXHVFULL
トミカハイパーレスキュー
ドライブヘッド~機動救急警察~
HV1280+/960
HVFULL(OP)
アリスと蔵六HV1280+/900,957?
HVFULL
ソード・オラトリア
ダンジョンに出会いを求めるのは
間違っているだろうか外伝
HV1280+/900
正解するカドHV1280+/900
ツインエンジェルBREAKHV1280+/900
恋愛暴君HV1280+/900
サクラダリセットHV1280+/900
冴えない彼女の育てかた♭HV1280+/878
エロマンガ先生HV1280+/873
リルリルフェアリル ~魔法の鏡~HV1280+/873
カブキブ!HV1280+/873
アトム ザ・ビギニングHV1280+/864
デュエル・マスターズ
Animation Channel
HV1280+/864
進撃の巨人 Season2HV1280+/857
ベルセルクHV1280+/837
ロクでなし魔術講師と禁忌教典HV1280+/837
遊☆戯☆王VRAINSHV1280+/810
神撃のバハムート VIRGIN SOULHV1280+/810
BORUTO -ボルト-
NARUTO NEXT GENERATIONS
HV1280+/810
ベイブレードバースト ゴッドHV1280+/810
ID-0HV1280+/806
sin七つの大罪HV1280
スナックワールドHV1280
終末なにしてますか?忙しいですか?
救ってもらっていいですか?
HV1280
ゼロから始める魔法の書HV1280
HVFULL(EDのみ)
夏目友人帳 陸HV1280
覆面系ノイズHV1280
有頂天家族2HV1280
Re:CREATORSHV1280
境界のRINNE3HV1280
ひなこのーとHV1280
月がきれいHV1280
武装少女マキャヴェリズムHV1280
サクラクエストHV1280
王室教師ハイネHV1280
アイドルタイムプリパラHV1280
フレームアームズ・ガールHV1280
僕のヒーローアカデミアHV1280
つぐももHV1280
GRANBLUE FANTASYHV1280
スタミュ 第2期HV1280/719
笑ゥせぇるすまんNEWHV1280?

2017年2月11日土曜日

キラキラ☆プリキュアアラモード 1話

局:テレビ朝日
放送日:2017/02/05
制作:東映アニメーション
評価:HV1280+/900, HVFULL(edのみ)


ここ数年は似た傾向だけど、線も細くリサイズでの乱れも少ないので縦900の特徴もきれいに残っているわかりやすい1600x900のHV1280+で今年も変化なし。

CGのEDは動きの影響で圧縮劣化が多く確認できるフレームは少ないものの縦1080の特徴が確認できるところが多い。EDがCGになって以降1280x720が長く続いたけれど、前シリーズから更に向上して本編を超えてフルHDに到達。

2017年1月26日木曜日

BanG Dream! 1話

局:BS11
放送日:2017/01/23
制作:ISSEN × XEBEC
評価:HVFULL

初期の番宣が縦819と珍しいサイズだったのでそのままかな?と思ったら、本放送は劇的に鮮明精細なくっきり画質になった。線の輪郭がかなり鮮明で縦1080の特徴もわかりやすくこれもフルHD。

ただ極端に鮮明さを欲張った作りでジャギ感がかなり強く、環境によっては粗い絵に見えてしまうこともありそう。フルHDで作っているのに大画面に向かないという、本末転倒といいたくなるくらいもったいない映像かも。

これもいつも通り1440経由で、フルHD制作のフルHD放送でも本当の意味でのフルHD映像にはなっていない。

ちなみにBSフジは局として元からボケているので横1440分の鮮明さすら残っていないけれど、こちらも横1440の特徴がしっかり残っている状況は変わらず。

小林さんちのメイドラゴン 2話

局:TOKYO MX
放送日:2017/01/18
制作:京都アニメーション
評価:HV1280+/955.5, HVFULL(OP, ED)

1話になかったEDのみ確認。

動画はそれほど多くないものの、OP以上に鮮明で縦1080のの特徴ははっきり見えるわかりやすいフルHD映像。少しソフトに見える曜日のところもちゃんと縦1080の輪郭になっている。

Rewrite 2ndシーズン 1話

局:BS11
放送日:2017/01/14
制作:エイトビット
評価:HV1280

1期と大差ない作りの微妙画質。リサイズも鮮明さ優先で周期な揺らぎも出ていて変わらず。
それでも荒れているというほどではなく、断片的には720の特徴が残っていて、引き続きHV1280。

2017年1月14日土曜日

SUPER LOVERS 2 1話

局:TOKYO MX
放送日:2017/01/13
制作:スタジオディーン
評価:HV1280+/873

1期に引き続き細くても黒に近い高コントラストの高精細くっきり画質。

線の輪郭も鋭利でリサイズでの乱れも少なく、縦873の特徴もとてもわかりやすい。元はこれもきっちりスタジオディーンの標準サイズ1552x873で今期4作品すべて揃った。

ディーンとJCのアニメが多いことも影響しているけれど、他のHV1280+常連制作はもちろんHV1280併用制作も今期は1440x810以上で作っているところがほとんどなので、2017冬スタートの30分枠深夜アニメでは半数以上がHV1280+になった。

MARGINAL#4 1話

局:BS11
放送日:2017/01/13
制作:J.C.STAFF
評価:HVFULL

細めの線でもしっかり暗く、精細感の高いくっくり画質。限界まで鮮明さを優先したような尖った作りではなく、JCに多い線の輪郭が非常に滑らかなバランス志向の絵で細かい描写でもジャギ感が弱く、処理もそれなりに丁寧に見える。

乱れも少なく比較的きれいに縦1080の特徴が残っているフルHD映像。フルHD制作のフルHD放送だけど、例によって横1440経由のソースなのでBS11で見ても真のフルHD映像とは言えない。

クズの本懐 1話

局:フジテレビ
放送日:2017/01/12
制作:ラルケ
評価:HV1280

細めの線でも線の太さを大きく変化させて手描きっぽい線を強調したような独特な絵。必然的に太さに伴って線の黒さの差も大きくなっているものの、狙ってやっているので個性的な質感になっている印象。

線の輪郭が粗くジャギ感が残っているところが多く、その特徴だけみると少し雑な作りに見えてしまうけれど、滑らかな線にしてしまうと個性が薄れてしまうのでこれも狙ったものだろう。

癖のないリサイズで縦720の特徴もきれいに残っていて、今回もHV1280のラルケ。

2017年1月12日木曜日

CHAOS;CHILD 1話

局:TOKYO MX
放送日:2017/01/11
制作:SILVER LINK.
評価:HV1280

アプコン並とまではいかないものの、ぼかし効果の強いソフトなHD画質。

線の太さがバラバラなのでぼかし効果の影響での黒浮きで線の黒さが一定せず、はっきりしない微妙なバランスに見えてしまうカットが目立つ。拡大してみるとややジャギ感の強い絵をぼかして整えたような作りで、細かい描写が潰れていたり線がガタガタになっているところがあったりなど、ちょっと雑な作りな印象。

リサイズでの乱れはなく縦720のジャギもはっきり見え、これはHV1280。

この素晴らしい世界に祝福を!2 1話

局:TOKYO MX
放送日:2017/01/11
制作:スタジオディーン
評価:HV1280+/873

作画の違和感の方が話題になりそうだけど、1期より線が細く引き締まって若干暗くなり精細感が増した。

かなり細い線を多用しているのででテレビによっても印象が変わりそうだけど、鮮明さも増したように見える環境が多いかも。逆に線が細すぎるので解像度限界でガタガタのジャギ線になってしまっているところもあり、大画面では粗さ気になるシーンも出てきそう。

そんな線のおかげで他のディーン作品より縦873の特徴がわかりやすくはっきり残っていて、元は1552x873のディーン標準はそのまま。

小林さんちのメイドラゴン 1話

局:TOKYO MX
放送日:2017/01/11
制作:京都アニメーション
評価:HV1280+/955.5, HVFULL(OP)

細い線でもしっかり暗くいので精細感の高いくっきり画質に見える。

2012年現行の京アニフォーマットに移行した後のテレビアニメでここまで線の輪郭がはっきりした絵は初めて。CGっぽい背景でなく近年の効果を多用した面倒くさそうな映像でもないのである意味京アニっぽくない印象。

他の京アニ作品より高精細に見える環境もあるかもしれないけれど縦955.5辺りの特徴がきれいに残っていて、いつも通り1699x955.5程度の京アニ標準。何度か書いているけれど、より正確には955.5と960.0の中間辺りなんだけど、955.5の方が近いように見えるので955.5にしている。そもそもほとんどのアニメ映像は整数で16:9にならない中途半端な数字であってもきっちり整数になっているので、整数で表現するのに抵抗があるくらい微妙なずれが出ている時点で京アニはユニークな存在と言ってもいいかも。

OPは派手に動きすぎて劣化が酷くまともな評価ができるフレームが非常に少ないけれど、縦1080の特徴が残っていていつも通りフルHDのようだ。ただ本編とは逆に線の輪郭が若干甘く、部分的には絵を拡大して使っているように見えるとこもあるので、フルHDらしい映像と言えるカットは少なめかも。

2017年1月11日水曜日

けものフレンズ 1話

局:テレビ東京
放送日:2017/01/10
制作:ヤオヨロズ
評価:HV1280

人物などは滑らかな輪郭に見えるところが多いけれど、上質なアンチエイリアスでもなく、直線的な描写ではガタガタに見えるところもある。ぼかして誤魔化したような作りで黒浮き気味の線が目立つカットもちらほら。

最近はCG中心でも1280x720ではないアニメもちらほら出てきたけれど、拡大してみると縦720のジャギがわかりやすく残っていて、これはHV1280。

ハンドシェイカー 1話

局:TOKYO MX
放送日:2017/01/10
制作:GoHands
評価:HVFULL

映像の出来はともかく、CGを中心に非常に情報量が多い緻密な映像で、見た目にも高解像度な絵に見える。CGに較べて人物の線は少しソフトになっているけれど細く繊細感も高い。

派手なカメラワークの影響か探せば背景のテクスチャや人物の元絵が解像度不足で少し粗くなっているところも見つかるけれど、大半は縦1080の特徴がしっかり残っているので文句なしのフルHD制作と言ってもよさそう。

南鎌倉高校女子自転車部 1話

局:tvk
放送日:2017/01/10
制作:J.C.STAFF
評価:HV1280+/918

細い線もしっかり暗く精細感の高いすっきりくっきり画質。好みの問題だけど、鮮明過ぎず逆に非常に以上のボケもなくバランスの取れた映像に仕上げている印象。

リサイズでの乱れも少なく縦918の特徴がきれいに残っている元は1632x918のHV1280+。JCの918は下ネタ以来で久しぶり。

テイルズ オブ ゼスティリア ザ クロス 14話

局:BS11
放送日:2017/01/10
制作:ufotable
評価:HV1280+/855

カットによって差が大きいけれど、線が暗くなく輪郭もソフトで高精細でも鮮明さは弱め。

はっきりしない線は放送での圧縮劣化で崩れやすく、動きの少ないところでも線の輪郭が荒れて元映像以上にあまい絵に見えるところが多い。MX14話は確認せずに消してしまったけれど、MXの1話と比べると線の乱れが大きい。

その影響ではっきりした特徴が残っていないのでかなりわかりにくいけれど、断片的でも縦855の特徴が残っているので、引き続き1520x855のufotable標準で間違いなさそう。

ACCA13区監察課 1話

局:TOKYO MX
放送日:2017/01/10
制作:マッドハウス
評価:HV1280

色収差もどきフィルタで線の輪郭に色が乗って目が疲れるけれど、黒に近い線のくっきり画質。

ノイズ効果もしっかり使っているけれど、大半は潰れてスッキリした絵に見え、動きの少ないところは圧縮劣化もそれほどなく線の輪郭の乱れもほとんどない。適度なぼかしで滑らかな線に見えるけれど、線が細いので解像度限界でジャギ感の残る線になっているところが多い。

乱れの少ないリサイズでどこを見ても縦720の特徴がきれいに残っていて、今回もHV1280のマッドハウス。

2017年1月10日火曜日

鬼平 1話

局:テレビ東京
放送日:2017/01/09
制作:スタジオM2
評価:HV1280

これもトムス絡みだけれど、アニメーション制作は去年出来たらしいスタジオM2。

暗いシーンが多いけれど太めで黒に近い線で映像全体のコントラストは高いのでくっきり画質に見える。線の輪郭も滑らかに見えるけれど、ジャギ感の強い絵をぼかして整えたような特徴で上質な作りという感じはしない。

素直なリサイズで乱れはほとんどなく、元がジャギ感の強い絵ということもあってどこを見ても縦720の特徴がきれいに残っているわかりやすいHV1280。

弱虫ペダル NEW GENERATION 1話

局:テレビ東京
放送日:2017/01/09
制作:トムス・エンタテインメント
評価:HV1280+/810

前シリーズも比較的暗い線のくっきり画質だったので鮮明さはそれほど変化していないけれど、細かい描写が増え精細な絵に変わった。CGで作られた部分は相変わらずジャギ感が強いものの、人物の線は比較的なめらかに見えるところが多い。

リサイズでの乱れも少なく線の輪郭もはっきりしているので縦810の特徴もわかりやすく、これも1440x810のHV1280+。

霊剣山 叡智への資格 1話

局:TOKYO MX
放送日:2017/01/09
制作:スタジオディーン
評価:HV1280+/873

グラデーション多用でノイズ効果もしっかり使っているけれど、比較的すっきりした絵に見える。細い線でも黒に近いのでくっきり感も十分。ひと目で高精細とわかる精細なHD映像に仕上げている。

MXで見てもノイズ効果がしっかり残っているけれど派手に動くところ以外は線の乱れも少なく、縦873の特徴もしっかり残っていて、安定のディーン標準1552x873のHV1280+。

ガヴリールドロップアウト 1話

若干線の黒さにバラつきがあるものの、適度に暗い線の鮮明HDで精細感もまずまず。

それなりに高精細なので線は十分滑らかに見えるけれど比較的ジャギ感が強い線で輪郭は比較的鋭利。リサイズでの乱れもなく乱れの少ない縦810の特徴がきれいに残っている。1280x720との併用が長く続く動画工房だけど、今回は1440x810のHV1280+。

2017年1月9日月曜日

リトルウィッチアカデミア 1話

局:BS11
放送日:2017/01/08
制作:TRIGGER
評価:HV1280+/806

かなりソフトな絵になっているけれど、単純なぼかしではなくジャギ感を軽減するアンチエイリアス的なぼけなので、映像で見ると十分鮮明に見え、細かい描写の潰れも少なく精細感もまずまず。

線の輪郭がソフトでわかりにくいけれど、パンフレットなど紙っぽいものに描かれた細かい描写を見ると十分な精度で解像度推定が可能で、縦は806と中途半端な数字になっていた。これも元は1440x810で少し絵が欠けた状態の可能性が高そう。

BS11ではクレジットの文字の輪郭も鋭利で縮小した跡がないように見えるところもあるけれど、拡大して見ると横1440の特徴がしっかり残っていて、やはり1440x1080から拡大した状態なのはいつも通り。


リトルウィッチアカデミア 魔法仕掛けのパレード

局:BS11
放送日:2017/01/01
制作:TRIGGER
評価:HV1280+/810

先週放送された2015年の映画もまとめてここで。

テレビ版に較べて線が黒く鮮明に見える。デジタル臭の弱いざらついた感じの落ち着いた絵のテレビ版に比べノイズ効果も弱く、すっきりくっきり画質になっている。良くあるデジタル制作らしい癖のない絵といった印象だけど、逆にそこがTRIGGERらしくない作りという感じがしないでもない。

鮮明で精細感も少し上に見えるけれど解像度は同等で、こちらは正確に縦810の特徴が残っている1440x810のHV1280+。

ちなみに4年前になる最初のアニメミライ2013のリトルウィッチアカデミアはHV1280だった。

銀魂 317話

局:テレビ東京
放送日:2017/01/08
制作:BN Pictures
評価:HV1280

黒に近い線の明るいすっきりくっきり画質。このアニメも鮮明さ優先のリサイズで拡大していて線に周期的な揺らぎが出ている。輪郭がはっきりした絵なので線の粗さが見えてしまう環境も出てきそう。

線の輪郭が少し荒れて縦720の特徴はほとんど見えないけれど、1.5倍に拡大した周期的な特徴ははっきり残るHV1280。

アイドル事変 1話

局:TOKYO MX
放送日:2017/01/08
制作:MAPPA, VOLN
評価:HV1280

OPでのアニメーション制作はMAPPA VOLNでうしおととらと同じ組み合わせ。1話のEDではスタジオヴォルンだけの表記になっている。

これも鮮明さ優先のリサイズで拡大しているけれど、元から彩色時の2値画像の特徴が残って線の輪郭がなめらかでないので、ガサついた線に見えるところが多い。意図的に狙ってそういう絵になったとは思えないしちょっと雑な作りに見えてしまうかも。

縦720の特徴もそれなりに見えるけれど、縦1.5倍に拡大した周期的な揺らぎが強く残っているHV1280。

チェインクロニクル ヘクセイタスの閃 1話

局:TOKYO MX
放送日:2017/01/08
制作:テレコムアニメーションフィルム×グラフィニカ
評価:HV1280

暗い色も多用して全体に重い絵でもコントラストは十分高く鮮明さもまずまず。

これも鮮明さ優先のリサイズで拡大して3ピクセル周期の揺らぎが出ているけれど、線の輪郭も十分なめらかで見た目の印象悪くない。それでも縦720の特徴ははっきりせず、1.5倍に拡大した特徴が強く残るタイプのHV1280。

2013年頃まではHV1280+常連で1280x720とは無縁だったテレコムだけどHV1280に定着してしまった。

エルドライブ 1話

局:TOKYO MX
放送日:2017/01/08
制作:studioぴえろ
評価:HV1280

比較的明るいカットが多いくっきり画質。どちらかというと鮮明さ優先のリサイズで拡大していて周期的な揺らぎも出ているけれど、粗く見えるほどでもない。

線の荒れも少なく縦720の特徴も良く残っていて、十分わかりやすいHV1280。

2017年1月8日日曜日

セイレン 1話

局:BS-TBS
放送日:2017/01/07
制作:Studio五組 / AXsiZ
評価:HV1280


作画の線は細めで精細感もそれなりにあるけれど、ジャギ感の強い線をぼかして整えたような作りの絵になっている。雑というほどではないにしても簡素な作りな印象。



ただ、そのおかげでどこを見ても縦720の特徴が強く残っていて、つまらないくらいわかりやすいHV1280。

これも横1440経由。

うらら迷路帖 1話

局:BS-TBS
放送日:2017/01/07
制作:J.C.STAFF
評価:HV1280+/958

比較的線の輪郭が鋭利で線も暗いくっきり感強めの高精細JC。線の輪郭を見ると縦950程度の特徴と1080の特徴が混ざったようないつものカオスJCの特徴。ただ今回はズームで絵の拡大率が大きく変わる都合のいいカットがあり、その線の特徴から撮影解像度に由来するサイズが縦958程度と判断できるところがあった。

確実にフルHDのカットがあるのに、大半のカットに拡大した跡があるJCアニメはたくさんあったけれど、少なくとも上で触れたカットは撮影がフルHDでも元絵の解像度不足という状態でなく、整数で16:9になる大きさでいうと1712x963かそれより少し小さいサイズで撮影しないと再現できない特徴になっていることから、カオスJCアニメの複数解像度が混ざった状態と考えるのが妥当なようだ。ただ、カオスJCアニメではカットによってサイズが微妙に違うとか、フルHD撮影っぽくないのに元絵の解像度がフルHDでも余裕に見えるなど奇妙な特徴もあり、映像では判断できなさそうな謎はいくつか残っている。

過去の例からフルHDのカットも混ざってそうだけど、極一部しか見ていないので今のところ未発見。

これもリサイズ跡があり横1440経由の映像。

昭和元禄落語心中 ー助六再び篇ー 1話

局:BS-TBS
放送日:2017/01/07
制作:スタジオディーン
評価:HV1280+/873


似たような質感でも若干くっきり感が抑えられ、1話で比較すると一期より落ち着いた絵に見えるところが多い。それでも線の輪郭は適度に鋭利で乱れも少なく、精細感も十分な精細映像に仕上げている。


いつも通り縦873の特徴がはっきり残っていて、元は1552x873の本家ディーン標準で再開。


これも横1440経由。

青の祓魔師 京都不浄王篇

局:BS-TBS
放送日:2017/01/07
制作:A-1 Pictures
評価:HV1280+/873?

精細感は高めでも線も黒というほど暗くなくぼかし効果もあってくっきり感は弱め。映像で見ると線も十分なめらかで荒れた感じはほとんどないけれど、拡大してみると線の輪郭が粗くリサイズでの乱れもあってはっきりせず、亜人同様解像度推定が非常に難しい。

人物の輪郭線からの判断は諦めたけれど、第壱話の表示のある動きのない緻密な町の絵のカットが高解像度の絵を縮小した状態で、わかりやすいジャギが全体に残っていた。早速数えて見ると縦はまたしても873。このカットは873辺り、ではなく、誤差なく正確に縦873。

と言ったものの、他のカットを見るとCGのようなジャギの出やすいところでも873と断定できる特徴が見つからず、全編が1552x873と判断するには1カットだけというのは弱すぎる、ということでこれも付き。


仮に全編1552x873で正解だとすると、これはディーン以外では出てこなかった固有サイズなのでA-1もこのサイズ使うようになったということになりそう。あるいはどこかでディーンが絡んでいるのかもしれない?


BS-TBSも相変わらずで、このアニメも横1440経由のリサイズ跡の残る映像になっている。

亜人ちゃんは語りたい 1話

局:BS11
放送日:2017/01/07
制作:A-1 Pictures
評価:HV1280+/873?

これもBS11でチェック。

線も適度に暗くすっきりくっきり画質に見える。線が少なめの絵でも背景を中心に細かい描写が多く意外と高精細。

映像で見るとまったく気にならないけれど縦方向に若干ボケがあり、垂直に近い線より水平に近い線が黒浮き気味になっている。その分全体にかなり滑らかな線に見えるものの、リサイズの影響で縦方向に周期的な乱れがあり解像度推定が非常に難しい。

安定しているカットでも拡大してみると線の輪郭が複雑に荒れてお手上げのところがほとんどだけど、線間隔の狭い細かい描写を見ると断片的ながら縦873近辺の特徴が多いので、ディーン標準の1552x873かそれに近いサイズの可能性が高そうだ。ただ1話ではまったく自信が持てないので?付き。2話以降も調べてみるけれど放送映像では十分な精度で判断できないかもしれない。

このアニメもやはり横1440経由。

スクールガールストライカーズ Animation Channel 1話

局:BS11
放送日:2017/01/06
制作:J.C.STAFF
評価:HV1280+/900

ここ数年アニメの本数が増えすぎて地上波しかチェック出来ていないアニメがほとんどなので、今期はBSの映像を多めに調べてみる。といっても局によって解像度が異なる時代でもなく、横1920局が相変わらず横1440経由の映像を使っていることを確認する部分が増えるだけかも。

演出で淡い絵になっているシーンも多いけれど、若干線が太めで精細さはそれほど強くないものの輪郭強調気味のくっきり鮮明映像が基本。




リサイズでの乱れも少なく、縦900の特徴がきれいに残っていて元は1600x900のHV1280+。

EDの文字の輪郭は地上波に比べると少し鋭利でノイズも少なく鮮明に見えるけれど、リサイズ跡は
しっかり残っていて横1440経由は相変わらず。

幼女戦記 1話

局:TOKYO MX
放送日:2017/01/06
制作:NUT
評価:HV1280

線が太めで精細感は弱いものの、演出でコントラストを抑えたところ以外は線も黒に近くくっきり感の強い絵に仕上げている。

鮮明さ優先のリサイズを使っていて周期的な揺らぎが出ているけれど、粗く見えるところは少なく線に注目すると1280x720より上?と思える特徴も多い。といっても1.5倍に拡大した特徴はしっかり残っていてこれもHV1280。

風夏 1話

局:WOWOW
放送日:2017/01/06
制作:ディオメディア
評価:HV1280

1話無料ということで久しぶりにWOWOWで確認。

若干色味のある線でも適度に暗く、癖のないすっきりくっきり画質に見える。

圧縮しやすそうな絵だけどシーンチェンジを中心にそれなりに劣化も見える。横方向のリサイズのないフルHDソースの割り合いが比較的高いWOWOWだけど、このアニメはリサイズ跡がしっかり残っていて1440x1080経由の映像を拡大した放送だった。他局より良いとしても上質な放送画質と言いたくなるような良さは感じないかも。

アニメの映像としては癖のないリサイズで乱れのない縦720の特徴がきれいに残っているわかりやすいHV1280。

政宗くんのリベンジ 1話

局:TOKYO MX
放送日:2017/01/05
制作:SILVER LINK.
評価:HV1280+/810

精細感もまずまずのすっきりくっきり画質。乱れの少ない縦810のジャギもきれいに残っていて1440x810のHV1280+。

特別高精細というわけではないものの、長く1280x720が中心だったSILVER LINK.も1440x810が1クール4作品連続で1年続いたし、今後も続きそうかな?

2017年1月5日木曜日

AKIBA'S TRIP 1話

局:TOKYO MX
放送日:2017/01/04
制作:GONZO
評価:HV1280+/936

精細感の高いすっきりくっきり画質。

縦は936で元は1664x936とトップクラスの高解像度。それが声優!も同じだったけれど、今のところこの2作品しか例がなくGONZO固有サイズになっている。劣化で確認できるフレームが少ないけれど、OP, EDも同じサイズ。

ポケットモンスター サン&ムーン 1時間スペシャル

局:テレビ東京
放送日:2016/11/17
制作:OLM Team Kato
評価:HV1280+/810

線が若干太めで黒に近いので気にならないけれど、縦方向にボケた絵になっている特徴は相変わらず。

リサイズは悪くなく比較的きれいに縦810の特徴も確認でき、引き続き1440x810のHV1280+。

2017年1月1日日曜日

放送中アニメ評価一覧 2017年1月~3月

2017年1月~3月の放送中アニメ評価一覧です。

2016年10月~12月の一覧はこちら

作品名評価
BanG Dream!HVFULL
MARGINAL#4HVFULL
ハンドシェイカーHVFULL
うらら迷路帖HV1280+/958
小林さんちのメイドラゴンHV1280+/955.5
HVFULL(OP,ED)
AKIBA’S TRIP -THE ANIMATION-HV1280+/936
南鎌倉高校女子自転車部HV1280+/918
キラキラ☆プリキュアアラモード
Animation Channel
HV1280+/900
スクールガールストライカーズ
Animation Channel
HV1280+/900
SUPER LOVERS 2HV1280+/873
この素晴らしい世界に祝福を!2HV1280+/873
霊剣山 叡智への資格HV1280+/873
昭和元禄落語心中 -助六再び篇-HV1280+/873
青の祓魔師 京都不浄王篇HV1280+/873?
亜人ちゃんは語りたいHV1280+/873?
テイルズ オブ ゼスティリア ザ クロスHV1280+/855
弱虫ペダル NEW GENERATIONHV1280+/810
ガヴリールドロップアウトHV1280+/810
政宗くんのリベンジHV1280+/810
リトルウィッチアカデミアHV1280+/806
Rewrite 2ndシーズンHV1280
クズの本懐HV1280
CHAOS;CHILDHV1280
けものフレンズHV1280
ACCA13区監察課HV1280
鬼平HV1280
銀魂HV1280
アイドル事変HV1280
チェインクロニクル ヘクセイタスの閃HV1280
エルドライブHV1280
セイレンHV1280
幼女戦記HV1280
風夏HV1280